Recent changes RSS feed

大和物語

第126段 筑紫にありける檜垣の御といひけるはいとらうありをかしくて・・・

校訂本文

筑紫にありける檜垣の御(ひがきのご)1)といひけるは、いとらうあり、をかしくて、世を経ける者になんありける。

年月かくてありわたりけるを、純友が騒ぎ2)にあひて、家も焼けほろび、物の具もみな取られ果てて、いといみじくなりにけり。かかりとも知らで、野の大弐3)、討手(うて)の使に下り給ひて、それが家のありしわたりを尋ねて、「檜垣の御といひ ける人に、いかで会はん。いづくにか住むらん」とのたまへば、「このわたりになん住みし」など、供なる人も言ひけり。

「あはれ、かかる騒ぎに、いかがなりにけん。尋ねてしがな」と、のたまひけるほどに、頭(かしら)白き女の、水汲めるなん、前より、あやしきやうなる家に入りける。ある人ありて、「これなん檜垣の御」と言ひけり。

いみじくあはれがり給ひて、呼ばすれど、恥ぢて来で、かくなん言へりける。

  むば玉のわが黒髪は白川のみづはくむまでおいぞしにける

と詠みたりければ、あはれがりて、着たりける袙一襲(あこめひとかさね)脱ぎてなむやりける。

翻刻

つくしにありけるひかきのこといひ
けるはいとらうありをかしくて世をへけるものになんありける
とし月かくてありわたりけるをすみともかさはきに
あひて家もやけほろひもののくもみな
とられはてていといみしくなりにけり
かかりともしらて野の大弐うてのつ
かひにくたり給てそれか家のあり/d18l
しわたりをたつねてひかきのこといひ
けるひとにいかてあはんいつくにかすむ
覧との給へはこのわたりになんすみ
しなとともなるひともいひけりあは
れかかるさはきにいかかなりにけん
たつねてしかなとの給けるほとに
かしらしろき女のみつくめるなんまへ
よりあやしきやうなる家にいりけ
るあるひとありてこれなんひかきの
こといひけりいみしくあはれかり給て
よはすれとはちてこてかくなんいへりける/d19r
  むはたまのわかくろかみはしらかは
  のみつはくむまてをひそしにける
とよみたりけれはあはれかりてき
たりけるあこめひとかさねぬきて
なむやりけるまたをなし大弐のた/d19l
1)
檜垣嫗
2)
藤原純友の乱
3)
小野好古
text/yamato/u_yamato126.txt · 最終更新: 2017/08/31 17:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa