Recent changes RSS feed

大和物語

第125段 泉大将故右の大臣に詣で給ひけり・・・

校訂本文

泉大将1)、故右の大臣(おとど)2)に詣で給ひけり。ほかにて酒などまゐり、酔(ゑ)ひて、夜いたく更けて、ゆくりもなくものし給へり。

大臣(おとど)、驚き給ひて、「いづこにものしたまへる便りにかあらん」など聞こえ給ひて、御格子上げ騒ぐに、壬生忠岑3)御供にあり。御階(はし)のもとに4)、松ともしながら、ひざまづきて、御消息申す。

  「かささぎの渡せる橋の霜の上を夜半に踏み分けことさらにこそ

となんのたまふ」と申す。

あるじの大臣、「いとあはれに、をかし」と思して、その夜一夜、大御酒(おほみき)まゐり、遊び給ひて、大将も物かづき、忠岑も禄給はりなどしけり。

この忠岑がむすめありと聞きて、ある人なん、「得む」と言ひけるを、「いと良きことなり」と言ひけり。男のもとより、「かの頼め給ひしこと、このごろのほどにと思ふ」となん言へりける返り事に、

  わが宿のひとむら薄(すすき)うら若み結び時にはまだしかりけり

となん詠みたりける。まことに、まだいと小さきむすめになんありける。

翻刻

定国大納言右大将延喜六年七月三日薨四十
泉大将こみきのおととにまうてたま
ひけりほかにてさけなとまいりゑひて
夜いたくふけてゆくりもなくもの
したまへりおととをとろきたまひ
ていつこにものしたまえるたよりにか
あらんなときこえ給て御かうしあ
けさはくに壬峯忠峯御ともにあり御
はしのもと□松ともしなからひさまつ
きて御せうそこ申
  かささきのわたせるはしのしもの/d17l
  うへをよはにふみわけことさらにこそ
となんのたまふと申あるしのおとと
いとあはれにをかしとおほしてそのよ
一夜おほみきまいりあそひたまひて
大将も物かつきたたみねもろく給はり
なとしけりこのたたみねかむすめ
ありとききてあるひとなんえむと
いひけるをいとよきことなりといひ
けりおとこのもとよりかのたのめ給
しことこのころのほとにとおもふとなん
いへりけるかへり事に/d18r
  わかやとのひとむらすすきうらわか
  身むすひときにはまたしかりけり
となんよみたりけるまことにまたいと
ちゐさきむすめになんありける/d18l
1)
藤原定国
2)
諸本「左の大臣」。藤原時平
3)
底本「壬峯忠峯」。誤写とみて訂正。
4)
底本「に」字磨滅。諸本により補入。
text/yamato/u_yamato125.txt · 最終更新: 2017/08/30 22:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa