Recent changes RSS feed

大和物語

第124段 本院の北の方のまだ帥大納言の妻にていまそかりける折に・・・

校訂本文

本院の北の方の1)、まだ帥大納言2)の妻(め)にていまそかりける折に、平中3)、詠みて聞こえける。

  春の野にみどりにはえるさねかづらわが君ざねと頼むいかにぞ

と言へりけり。かく言ひ言ひて、あひ契ることありけり。

そののち、左の大臣(おとど)4)の北の方にて、ののしり給ひける時、詠みておこせたりける。

  行く末の宿世も知らぬわが昔契りしことは思ほゆや君

となん言へりける。その返し、それよりも前々も、歌はいと多かりけれど、え聞かず。

翻刻

従五位上筑前守棟梁左衛門佐国経権中納言敦忠母
本院のきたのかたのまた帥大納言のめにて
いまそかりけるをりに平中よみてきこえける/d16l
  春の野にみとりにはえるさねか
  つら我きみさねとたのむいかにそ
といへりけりかくいひいひてあひちきる
ことありけりそののち左のおとと
のきたのかたにてののしりたまひける
ときよみておこせたりける
  ゆくすえのすくせもしらぬわかむ
  かしちきりしことはおもほゆや君
となんいへりけるそのかへし
それよりもまへまへもうたはいとおほか
りけれとえきかす/d17r
1)
在原棟梁の娘。ここでは藤原時平の妻の意。
2)
藤原国経
3)
平貞文
4)
藤原時平
text/yamato/u_yamato124.txt · 最終更新: 2017/08/30 18:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa