Recent changes RSS feed

大和物語

第114段 桂の皇女七夕のころ人に忍びて逢ひ給へりけり・・・

校訂本文

桂の皇女(みこ)1)、七夕のころ、人に忍びて逢ひ給へりけり。

さて、やり給へりける。

  袖をしも貸さざりしかど七夕のあかぬ別れにひぢにけるかな

翻刻

かつらのみこ七夕のころ人にし
のひてあひたまへりけりさてやり
たまへりける
  袖をしもかささりしかとたなはなたの
  あかぬわかれにひちにけるかな/d12l
1)
宇多天皇皇女孚子内親王
text/yamato/u_yamato114.txt · 最終更新: 2017/08/26 12:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa