Recent changes RSS feed

大和物語

第67段 またとし子雨の降りける夜千兼を待ちけり・・・

校訂本文

また、とし子、雨の降りける夜、千兼を待ちけり。雨にや障(さは)りけん、来ざりけり。

壊(こぼ)れたる家にて、いといたく漏りけり。

「雨のいたく降りしかば、え参らずなりにけり。さる所に、いかでかものし給ふ」と言へりければ、とし子、

  君を思ふひまなき宿と思へども今宵の雨は漏らぬ間ぞなき

翻刻

又としこあめのふりけるよちか
ぬをまちけりあめにやさはりけん
こさりけりこほれたるいへにていと
いたくもりけりあめのいたくふり
しかはえまいらすなりにけりさる
所にいかてかものし給といえりけれは
としこ
  きみをおもふひまなきやととおもへ
  ともこよひのあめはもらぬまそなき/d34r
text/yamato/u_yamato067.txt · 最終更新: 2017/08/02 15:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa