Recent changes RSS feed

大和物語

第64段 平中にくからず思ふ若き女を妻のもとに率て来て置きたりけり・・・

校訂本文

平中1)、にくからず思ふ若き女を、妻(め)のもとに率(ゐ)て来て置きたりけり。にくげなることどもを言ひて、妻、つひに追ひ出だしてけり。

この妻にしたがふにやありけん、らうたしと思ひながら、えとめず。いちはやく言ひければ、近くだにもえ寄らで、四尺の屏風に寄りかかりて、立てりて言ひける。「世の中の、かく思ひの外(ほか)にある、異世界(ことせかい)にものしたまふとも、忘れで消息(せうそこ)し給へ。おのれも、さなん思ふ」と言ひけり。

この女、包みに物など包みて、車取りにやりて、待つほどなり。「いとあはれ」と思ひけり。

さて、女往にけり。十日ばかりありて2)、おこせたりける。

  忘らるな忘れやしぬる春霞今朝立ちながら契りつること

翻刻

平中にくからすおもふわかき女をめの
もとにゐてきておきたりけり
にくけなることともをいひてめ
つひにをいいたしてけりこのめに/d31l
したかふにやありけんらうたしと
おもひなからえとめすいちはやくいひ
けれはちかくたにもえよらて四尺
のひやうふによりかかりてたて
りていひけるよのなかのかくおもひの
ほかにあることせかひにものしたま
ふともわすれてせうそこし給へ
おのれもさなんおもふといひけりこの
女つつみに物なとつつみて車とりに
やりてまつほとなりいとあはれとお
もひけりさて女いにけりとうかはかり/d32r
ありておこせたりける
  わすらるなわすれやしぬる春か
  すみけさたちなからちきりつること/d32l
1)
平貞文
2)
諸本「とばかりありて」
text/yamato/u_yamato064.txt · 最終更新: 2017/07/29 15:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa