Recent changes RSS feed

大和物語

第63段 故右京の大夫の人のむすめを忍びて得たりけるを親聞ききつけて・・・

校訂本文

故右京の大夫1)の、人のむすめを忍びて得たりけるを、親聞ききつけて、ののしりて、会はせざりければ、わびて帰りにけり。

さて、朝(あした)に詠みてやりける。

  さもこそは峰の嵐は荒からめなびきし枝をうらみてぞ来し

翻刻

故右京のかみのひとのむすめをしのひ
てえたりけるをおやききつけて
ののしりてあはせさりけれはわひてか
えりにけりさてあしたによみてや
りける
  さもこそはみねのあらしはあらから
  めなひきしえたをうらみてそこし/d31l
1)
源宗于
text/yamato/u_yamato063.txt · 最終更新: 2017/07/29 13:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa