Recent changes RSS feed

大和物語

第33段 躬恒が院に詠みて奉りける・・・

校訂本文

躬恒1)が院2)に詠みて奉りける。

  立ち寄らむ木(こ)のもともなきつたの身はときはながらに秋ぞかなしき

翻刻

躬恒か院によみてたてまつりける
  たちよらむこのもともなきつた
  の身はときはなからに秋そかなしき/d19r
1)
凡河内躬恒
2)
亭子院・宇多天皇
text/yamato/u_yamato033.txt · 最終更新: 2017/06/10 18:28 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa