Recent changes RSS feed

大和物語

第6段 朝忠の中将の人の妻にてありける人に忍びて会ひ渡りけるを・・・

校訂本文

朝忠の中将1)の、人の妻(め)にてありける人に、忍びて会ひ渡りけるを、女も思ひかはして住みけるほどに、かの男2)、人の国の守になりて下りければ、これもかれも、「いとあはれ」と思ひけり。

さて、詠みてやりたる。

  たぐへやるわが魂(たましひ)をいかにしてはかなき空にもて離るらん

となむ、下りける日、言ひやりける。

翻刻

あさたたの中将の人のめにてありける人に
しのひてあひわたりけるを女もおもひ
かはしてすみけるほとにかの男人のく/d8r
にのかみになりてくたりけれはこれもか
れもいとあはれとおもひけりさてよみて
やりたる
  たくえやる我たましひをいかにして
  はかなきそらにもてはなるらん
となむくたりける日いひやりける男/d8l
1)
藤原朝忠
2)
女の夫
text/yamato/u_yamato006.txt · 最終更新: 2017/05/12 16:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa