Recent changes RSS feed

大和物語

第5段 前坊の君失せ給ひにければ・・・

校訂本文

前坊の君1)、失せ給ひにければ、大輔、かぎりなく悲しくのみ思ゆるに、后(きさい)の宮2)、后(きさき)に立ち給ふ日になりにければ、「ゆゆし」とて、隠しけり。これは3)、読みて出だしける。

  わびぬれば今はたものを思へども心に似ぬは涙なりけり

翻刻

前坊のきみうせたまひにけれは大輔かき
りなくかなしくのみおほゆるにきさいの
みやきさきにたちたまふひになりに
けれはゆゆしとてかくしけり(さりけれイ)これはよみ
ていたしける
  わひぬれはいまはたものををもへとも
  こころににぬはなみたなりけり/d8r
1)
先の皇太子の意。醍醐帝皇子保明親王を指す。
2)
藤原穏子
3)
底本、「これは」に、「さりけれイ」と傍書。
text/yamato/u_yamato005.txt · 最終更新: 2017/05/12 16:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa