ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure242.txt

徒然草

第242段 とこしなへに違順に使はるることはひとへに苦楽のためなり・・・

校訂本文

とこしなへに違順(ゐじゆん)に使はるることは、ひとへに苦楽(くらく)のためなり。

楽といふは、好み愛することなり。これを求むること、止む時なし。楽欲(げうよく)する所、一つには名なり。名に二種あり。行跡と才芸との誉れなり。二つには色欲、三つには味はひなり。よろづの願ひ、この三つにはしかず。

これ、顛倒(てんだう)の相よりおこりて、そこばくの煩ひあり。求めざらんにはしかじ。

翻刻

とこしなへに。違順につかはるる事は。
ひとへに苦楽のため也。楽といふはこのみ/k2-77l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0077.jpg

愛する事なり。是を求ること。やむ時
なし。楽欲する所。一には名也。名に二種
あり。行跡と才藝との誉也。二には色
欲。三には味なり。万のねがひ此三にはし
かず。是顛倒の相よりおこりて。若干
のわづらひあり。もとめざらんにはしかじ/k2-78r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0078.jpg



text/turezure/k_tsurezure242.txt.txt · 最終更新: 2018/11/26 21:42 by Satoshi Nakagawa