ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure213.txt

徒然草

第213段 御前の火炉に火を置く時は火箸して挟むことなし・・・

校訂本文

御前(ごぜん)の火炉(くわろ)に火を置く時は、火箸して挟むことなし。土器(かはらけ)よりただちに移すべし。されば、転び落ちぬやうに心得て、炭を積むべきなり。

八幡1)の御幸に供奉(ぐぶ)の人、浄衣を着て、手にて炭をさされければ、ある有職(いうそく)の人、「白き物を着たる日は、火箸を用ゐる、苦しからず」と申されけり。

翻刻

御前の火炉に火ををく時は。火ばしし
てはさむ事なし。かはらけよりただちに
うつすべし。さればころびおちぬやうに。
心得て。炭をつむべきなり。八幡の御幸
に供奉の人。浄衣をきて。手にて炭
をさされければ。ある有職の人。白き
物をきたる日は火ばしをもちゐる。くる
しからずと申されけり/k2-54r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0054.jpg

1)
石清水八幡宮


text/turezure/k_tsurezure213.txt.txt · 最終更新: 2018/10/29 21:19 by Satoshi Nakagawa