ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure191.txt

徒然草

第191段 夜に入りて物の栄えなしと言ふ人いと口惜し・・・

校訂本文

「夜に入りて、物の栄(は)えなし」と言ふ人、いと口惜し。よろづの物のきら、飾り・色ふしも、夜のみこそめでたけれ。

昼は、ことそぎ、およすげたる姿にてもありなん。夜は、きららかに、花やかなる装束(さうぞく)いとよし。人の気色も、夜の火影(ほかげ)ぞ、よきはよく、もの言ひたる声も暗くて聞きたる、用意ある心にくし。匂ひも、ものの音(ね)も、ただ夜ぞ、ひときはめでたき。

さしてことなることなき夜、うち更けて参れる人の、清げなるさましたる、いとよし。若きどち、心とどめて見る人は、時をも分かぬものなれば、ことにうちとけぬべき折節ぞ、褻(け)・晴(はれ)なくひきつくろはまほしき。よき男の、日暮れてゆするし、女も夜更くるほどに、すべりつつ、鏡取りて、顔などつくろひて出づるこそをかしけれ。

翻刻

夜に入て物のはへなしといふ人。いと口
おし。万のもののきらかざり色ふし
も。夜のみこそめでたけれ。昼はことそ
ぎ。をよすけたる姿にても有なん。夜は。き
ららかに。花やかなるさうぞくいとよし。
人のけしきも。夜のほかげぞよきは/k2-44r
よく。物いひたる声もくらくて聞たる
用意ある心にくし。にほひもものの音
も。ただ夜ぞひときはめでたき。さして
ことなる事なき夜うち更て。まいれる
人の。きよげなるさましたる。いとよし。
若きどち心とどめて見る人は。時をも
わかぬ物なれば。ことにうちとけぬべき折
節ぞ。けはれなくひきつくろはまほし
き。よき男の日暮てゆするし。女も夜
ふくる程にすべりつつ鏡とりて。顔など/k2-44l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0044.jpg

つくろひて出るこそおかしけれ/k2-45r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0045.jpg



text/turezure/k_tsurezure191.txt.txt · 最終更新: 2018/10/20 12:36 by Satoshi Nakagawa