Recent changes RSS feed

徒然草

第188段 ある者子を法師になして・・・

校訂本文

ある者、子を法師になして、「学問して因果の理(ことわり)をも知り、説経などして、世渡るたつきともせよ」と言ひければ、教へのままに、説経師にならんために、まづ馬に乗り習ひけり。「輿・車は持たぬ身の、導師に請ぜられん時、馬など迎へにおこせたらんに、桃尻にて落ちなんは心憂かるべし」と思ひけり。

次に、「仏事ののち、酒など勧むることあらんに、法師の無下に能なきは、檀那すさまじく思ふべし」とて、早歌(さうか)といふことを習ひけり。このわざ、やうやう境(さかひ)に入りければ、いよいよよくしたく思えて嗜(たしな)みけるほどに、説経習ふべきひまなくて、年寄りにけり。

この法師のみにもあらず、世間の人、なべてこのことあり。若きほどは、諸事につけて、身を立て、大なる道をも成(じやう)じ、能をもつき、学問をもせんと、行末久しくあらますことども心にはかけながら、世をのどかに思ひて、うち怠りつつ、まづさしあたりたる目の前のことにのみまぎれて月日を送れば、ことごとなすことなくして、身は老いぬ。つひに物の上手にもならず、思ひしやうに身をも持たず、悔ゆれども取り返さるる齢(よはひ)ならねば、走りて坂を下る輪のごとくに衰へゆく。

されば、一生のうち、「むねとあらまほしからんことの中に、いづれかまさる」と、よく思ひ比べて、第一のことを案じ定めて、そのほかは思ひ捨てて、一事を励むべし。一日の中(うち)、一時の中にも、あまたのことの来たらんなかに、少しも益のまさらんことを営みみて、そのほかをばうち捨てて、大事を急ぐべきなり。「何方(いづかた)をも捨てじ」と心にとり持ちては、一事もなるべからず。

たとへば、碁を打つ人、一手もいたづらにせず、人に先立ちて、小を捨て大につくがごとし。それにとりて、三つの石を捨てて、十の石につくことはやすし。十を捨て、十一につくことはかたし。一つなりとも、まさらん方へこそつくべきを、十までなりぬれば、惜しく思えて、多くまさらぬ石にはかへにくし。「これをも捨てず、かれをも取らん」と思ふ心に、かれをも得ず、これをも失ふべき道なり。

京に住む人、急ぎて東山に用ありて、すでに行き着きたりとも、西山に行てその益まさるべきことを思ひ得たらば、門(かど)より帰りて、西山へ行くべきなり。ここまで来着きぬれば、「このことをば、まづ言ひてん。日をささぬことなれば、西山のことは帰りてまたこそ思ひたため」と思ふゆゑに、一事の懈怠(けだい)、すなはち一生の懈怠となる。これを恐るべし。

一事を必ずなさんと思はば、他のことの破るるをもいたむべからず。人の嘲りをも恥づべからず。万事にかへずしては、一の大事成るべからず。

人のあまたありける中にて、ある者、「ますほのすすき、まそほのすすきなど言ふことあり。渡辺(わたのべ)の聖、このことを伝へ知りたり」と語りけるを。登蓮法師、その座に侍りけるが、聞きて、雨の降りけるに、「蓑笠やある。貸し給へ。かの薄(すすき)のこと習ひに、渡辺の聖のがり尋ねまからん」と言ひけるを、「あまりに物騒がし。雨やみてこそ」と、人の言ひければ、「無下(むげ)のことをも仰せらるるものかな。人の命は雨の晴れ間をも待つものかは。われも死に、聖も失せなば、尋ね聞きてんや」とて、走り出でて行きつつ、習ひ侍りにけり1)と申し伝へたるこそ、ゆゆしくありがたう思ゆれ。

「敏(と)きときは、則ち功あり」とぞ、論語といふ文にも侍るなる。この薄をいぶかしく思ひけるやうに、一大事の因縁をぞ思ふべかりける。

翻刻

或者。子を法師になして。学問して/k2-38l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0038.jpg

因果の理をもしり。説経などして世わ
たるたつきともせよといひければ。教の
ままに。説経師にならんために。先馬に
乗ならひけり。輿車はもたぬ身の。導
師に請ぜられん時。馬などむかへにをこ
せたらんに。ももじりにて落なんは。心
うかるべしと思ひけり。次に仏事ののち
酒などすすむる事あらんに。法師の无
下に能なきは。檀那すさまじく思ふ
べしとて早歌と云ことを習ひけり。/k2-39r
このわざ。やうやうさかひに入ければ。いよ
いよよくしたく覚えて。嗜みけるほど
に。説経習ふべき隙なくて。年よりに
けり。此法師のみにもあらず。世間の人
なべて此事あり。若き程は諸事につけ
て身をたて。大なる道をも成じ。能
をもつき。学問をもせんと行末久しく。
あらます事ども心にはかけながら。世を
長閑に思ひて。打をこたりつつ。まづさし
あたりたる。目の前の事にのみまぎ/k2-39l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0039.jpg

れて。月日を送れば。ことごとなす事
なくして。身は老ぬ。終に物の上手にも
ならず。思ひしやうに身をももたず。悔
れども取かへさるる齢ならねば。走り
て坂をくだる輪のごとくに。衰へゆく。さ
れば。一生のうちむねとあらまほしからん
事の中に。いづれかまさるとよくおもひ
くらべて。第一の事を案じ定て。其
外は思ひすてて。一事をはげむべし。一日の中
一時の中にも。あまたのことのきたらん/k2-40r
なかに。少しも益のまさらん事を
いとなみて。其外をばうちすてて。大事
をいそぐべき也。何方をもすてじと心
にとりもちては。一事もなるべからずたとへ
ば碁をうつ人。一手もいたづらにせず。人
にさきだちて小を捨大につくが如し。
それにとりて。三の石をすてて十の石に
つくことはやすし。十を捨て。十一につ
く事はかたし。ひとつなりともまさらん
かたへこそつくべきを。十まで成ぬればお/k2-40l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0040.jpg

しくおほえて。おほくまさらぬ石には
かへにくし。是をも捨ずかれをも
とらんとおもふ心に。かれをもえず是を
もうしなふべき道也。京にすむ人い
そぎて東山に用ありて。既にゆきつきたり
とも。西山に行て。其益まさるべき事
を思ひえたらば。門より帰りて西山へゆく
べき也。ここまできつきぬれば。此ことをば
先いひてん。日をささぬ事なれば。西山の
事は。かへりて又こそ思ひたため。とおもふ/k2-41r
故に。一事の懈怠。すなはち一生の懈怠
となる。是ををそるべし。一事を必な
さんと思はば。他の事の破るるをもいたむ
べからず。人の嘲をも恥べからず。万事
にかへずしては。一の大事成べからず。人の
あまた有ける中にて。あるものます
ほのすすき。まそほのすすきなどいふ事
あり。わたのべの聖此事を伝知たり。と
語りけるを。登蓮法師。其座に侍り
けるが聞て。雨のふりけるに。蓑かさや/k2-41l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0041.jpg

あるかし給へ彼薄の事ならひに。わた
のべの聖のがり尋まからん。といひけるを。
あまりに物さはがし。雨やみてこそと。人
のいひければ。無下の事をもおほせら
るる物哉。人の命は。雨のはれまをもまつ
ものかは。我も死に。ひじりもうせなば尋
ききてんやとて。走り出て行つつ。習ひ
侍りにけりと申伝たるこそ。ゆゆしく
有がたう覚ゆれ。敏とときは則功あり
とぞ。論語と云文にも侍るなる。此薄/k2-42r
をいぶかしく思ひけるやうに。一大事
因縁をぞおもふべかりける/k2-42l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0042.jpg

text/turezure/k_tsurezure188.txt.txt · 最終更新: 2018/10/16 22:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa