Recent changes RSS feed

徒然草

第185段 城陸奥守泰盛はさうなき馬乗りなりけり・・・

校訂本文

城陸奥守泰盛(じやうのむつのかみやすもり)1)は、さうなき馬乗りなりけり。

馬を引き出ださせけるに、足を揃へて閾(しきみ)をゆらりと越ゆるを見ては、「これは勇める馬なり」とて、鞍を置き替へさせけり。また、足を伸べて閾に蹴当てぬれば、「これは鈍くして、誤ちあるべし」とて、乗らざりけり。

道を知らざらん人、かばかり恐れなんや。

翻刻

城陸奥守泰盛は。さうなき馬のり
なりけり。馬をひき出させけるに。足を
そろへてしきみをゆらりとこゆるを
見ては。是はいさめる馬也とて。鞍を置
かへさせけり。又足をのべてしきみに蹴あ/k2-37l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0037.jpg

てぬれば。是はにぶくしてあやまち
有べしとて。のらざりけり。道をしら
ざらん人。かばかりをそれなんや/k2-38r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0038.jpg

1)
安達泰盛
text/turezure/k_tsurezure185.txt.txt · 最終更新: 2018/10/15 22:58 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa