ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure178.txt

徒然草

第178段 ある所の侍ども内侍所の御神楽を見て人に語るとて・・・

校訂本文

ある所の侍(さぶらひ)ども、内侍所(ないしどころ)の御神楽(みかぐら)を見て、人に語るとて、「宝剣をば、その人ぞ持ち給ひつる」など言ふを聞きて、内なる女房の中に、別殿の行幸には、昼御座(ひのござ)の御剣にてこそあれ」と、忍びやかに言ひたりし。心にくかりき。

その人、古き典侍(ないしのすけ)なりけるとかや。

翻刻

或所のさふらひども。内侍所の御神楽
を見て人にかたるとて宝釼をば其人ぞ
もち給つるなどいふを聞て。うちなる女
房の中に。別殿の行幸には。昼御
座の御釼にてこそあれと。しのびやかに
いひたりし。心にくかりき。その人ふるき
典侍なりけるとかや/k2-34l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0034.jpg



text/turezure/k_tsurezure178.txt.txt · 最終更新: 2018/10/14 13:01 by Satoshi Nakagawa