Recent changes RSS feed

徒然草

第176段 黒戸は小松御門位につかせ給ひて昔ただ人におはしましし時・・・

校訂本文

黒戸は、小松御門1)、位につかせ給ひて、昔、ただ人におはしましし時、まさなごとせさせ給ひしを忘れ給はで、常に営ませ給ひける間(ま)なり。

御薪(みかまぎ)にすすけたれば、黒戸といふとぞ。

翻刻

黒戸は。小松御門位につかせ給て。昔
ただ人におはしましし時。まさな事
せさせ給しを忘れ給はで。常に
いとなませ給ける間なり。御薪にすす
けたれば。黒戸といふとぞ/k2-33l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0033.jpg

1)
光孝天皇
text/turezure/k_tsurezure176.txt.txt · 最終更新: 2018/10/13 21:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa