Recent changes RSS feed

徒然草

第174段 小鷹に良き犬大鷹に使ひぬれば小鷹に悪くなると言ふ・・・

校訂本文

小鷹に良き犬、大鷹に使ひぬれば、小鷹に悪(わろ)くなると言ふ。大に付き小を捨つることわり、まことにしかなり。

人事(にんじ)多かる中に、道を楽しぶより気味深きはなし。これ、まことの大事なり。一度(ひとたび)、道を聞きて、これに志さん人、いづれのわざか廃れざらん。何ごとをか営まん。

愚かなる人といふとも、賢き犬の心に劣らんや。

翻刻

小鷹によき犬。大鷹につかひぬれば。小
鷹にわろくなるといふ。大につき小をす
つることはり誠にしか也。人事おほかる
中に。道をたのしふより。気味ふかきは
なし。是実の大事也。一たび道を聞て
これにこころざさん人。いづれのわざ
かすたれざらん。何事をかいとなまん。/k2-29r
をろかなる人といふとも。かしこき
犬のこころにをとらんや/k2-29l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0029.jpg

text/turezure/k_tsurezure174.txt.txt · 最終更新: 2018/10/11 22:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa