ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure163.txt

徒然草

第163段 太衝の太の字点打つ打たずといふこと陰陽のともがら相論のことありけり・・・

校訂本文

太衝の太の字、点打つ、打たずといふこと、陰陽のともがら、相論のことありけり。

盛親入道、申し侍りしは、「吉平(よしひら)1)が自筆の占文(せんもん)の裏に書かれたる御記、近衛関白殿にあり。点打ちたるを書きたり」と申しき。

翻刻

太衝の太の字。点うつうたずといふ事。
陰陽の友がら。相論事有けり。
もりちか入道申侍しは。吉平が自筆の
占文の裏にかかれたる御記。近衛関白殿
にあり。点うちたるを書たりと申き/w2-22l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0022.jpg

1)
安倍吉平。安倍晴明の子


text/turezure/k_tsurezure163.txt.txt · 最終更新: 2018/10/03 02:08 by Satoshi Nakagawa