Recent changes RSS feed

徒然草

第160段 門に額かくるを打つと言ふは良からぬにや・・・

校訂本文

門に額かくるを、「打つ」と言ふは良からぬにや。勘解由小路二品禅門1)は、「額かくる」とのたまひき。「見物の桟敷打つ」も良からぬにや。「平張(ひらばり)打つ」などは常(つね)のことなり。「桟敷かまふる」など言ふべし。「護摩焚く」と言ふも悪(わろ)し。「修する」「護摩する」など言ふなり。「行法(ぎやうぼふ)も、法の字を澄みて言ふ、悪し。濁りて言ふ」と、清閑寺僧正2)仰せられき。

常に言ふことに、かかることのみ多し。

翻刻

門に額かくるを。うつといふはよからぬにや。
勘解由小路二品禅門は。額かくるとのた
まひき。見物の桟敷うつもよからぬに/w2-21r
や。ひらばりうつなどは常の事也。桟敷か
まふるなどいふべし。護摩たくといふ
もわろし。修する。護摩するなど云也。
行法も法の字をすみていふわろし。
濁りていふと清閑寺僧正仰られき
常にいふ事にかかる事のみおほし/w2-21l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0021.jpg

1)
藤原経尹
2)
道我
text/turezure/k_tsurezure160.txt.txt · 最終更新: 2018/10/01 17:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa