ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure152.txt

徒然草

第152段 西大寺の静然上人腰かがまり眉白くまことに徳たけたるありさまにて・・・

校訂本文

西大寺の静然上人(じやうねんしやうにん)1)、腰かがまり、眉白く、まことに徳たけたるありさまにて、内裏へ参られたりけるを、西園寺内大臣殿2)、「あな尊(たうと)のけしきや」とて、信仰の気色(きそく)ありければ、資朝卿3)、これを見て、「年の寄りらるに候ふ」と申されけり。

後日に、むく犬のあさましく老いさらぼひて、毛はげたるを引かせて、「この気色、尊く見えて候ふ」とて、内府へ参らせられたりけるとぞ。

翻刻

西大寺静然上人。腰かがまり眉白く
誠に徳たけたる有様にて。内裏へま/w2-16l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0016.jpg

いられたりけるを。西園寺内大臣殿あな
たうとのけしきやとて。信仰のきそく
ありければ。資朝卿是を見て。年のより
たるに候と申されけり。後日にむく犬の
浅ましく老さらぼひて。毛はげたるを
ひかせて。此気色たうとくみえて候
とて。内府へまいらせられたりけるとぞ/w2-17r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0017.jpg

1)
良澄
2)
西園寺実衡
3)
日野資朝


text/turezure/k_tsurezure152.txt.txt · 最終更新: 2018/09/23 12:32 by Satoshi Nakagawa