Recent changes RSS feed

徒然草

第138段 祭過ぎぬれば後の葵不用なりとて・・・

校訂本文

「祭過ぎぬれば、後(のち)の葵(あふひ)不用(ふよう)なり」とて、ある人の、御簾(みす)なるをみな取らせられ侍りしが、色もなく思え侍りしを、「よき人のし給ふことなれば、さるべきにや」と思ひしかど、周防内侍1)が、

  かくれどもかひなき物はもろともにみすの葵のかれ葉なりけり

と詠めるも、母屋の御簾に、葵のかかりたる枯葉を詠めるよし、家の集2)に書けり。

古き歌の詞書(ことばがき)に、「枯れたる葵にさしてつかはしける」とも侍り。枕草子にも、「来しかた恋しき物、枯れたる葵」と書けるこそ、いみじくなつかしう思ひ寄りたれ。鴨長明が四季物語にも、「玉垂(たまだれ)に後(のち)の葵はとまりけり」とぞ書ける。おのれと枯るるだにこそあるを、名残なく、いかが取り捨つべき。

御帳にかかれる薬玉(くすだま)も、九月九日、菊に取り替へらるると言へば、菖蒲(さうぶ)は菊の折までもあるべきにこそ。

枇杷皇太后宮3)、かくれ給ひて後(のち)、古き御帳の内に、菖蒲・薬玉などの枯れたるが侍りけるを見て、「折ならぬ根(ね)をなほぞかけつる」と、弁の乳母4)の言へる返りごとに、「あやめの草はありながら」とも、江侍従5)が詠みしぞかし。

翻刻

祭過ぬれば。後の葵ふようなりとて/w2-7r
或人の。御簾なるをみなとらせられ侍り
しが。色もなく覚え侍しを。よき
人のし給ふ事なれば。さるべきにやと
おもひしかど周防内侍が
 かくれどもかひなき物はもろ友に
みすの葵のかれ葉なりけり。とよめる
も。母屋の御簾に。葵のかかりたる枯葉を
よめるよし。家の集にかけり。ふるき歌
のことばがきに。かれたるあふひにさして
つかはしけるとも侍り。枕草子にもこし/w2-7l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0007.jpg

かたこひしき物。かれたる葵とか
けるこそ。いみじくなつかしう思ひより
たれ。鴨長明が四季物語にも。玉た
れに。後のあふひはとまりけりとぞか
ける。をのれとかるるだにこそあるを。名
残なくいかがとり捨べき。御帳にかかれる
くす玉も。九月九日菊に取かへらるる
といへば。さうぶは菊のおりまでも有
べきにこそ。枇杷皇太后宮かくれ給
てのち。古き御帳の内に。さうぶくす/w2-8r
玉などのかれたるが侍りけるを見て
おりならぬ根をなをぞかけつると。弁の
めのとのいへる返事に。あやめの草はあり
ながらとも。江侍従がよみしぞかし/w2-8l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0002/he10_00934_0002_p0008.jpg

1)
平仲子
2)
周防内侍集
3)
三条天皇中宮藤原妍子
4)
藤原明子
5)
大江匡衡女
text/turezure/k_tsurezure138.txt.txt · 最終更新: 2018/09/10 19:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa