Recent changes RSS feed

徒然草

第133段 夜の御殿は東御枕なり・・・

校訂本文

夜の御殿(おとど)は東御枕(ひがしみまくら)なり。おほかた、東を枕として、陽気を受くべきゆゑに。孔子も東首し給へり。寝殿のしつらひ、あるいは南枕、常のことなり。

白河院1)は、北首に御寝(きよしん)なりけり。「北は忌むることなり。また、伊勢は南なり。太神宮の御方を御跡(おんあと)にせさせ給ふこと、いかが」と、人申しけり。

ただし、太神宮の遥拝は巽(たつみ)2)に向はせ給ふ。南にはあらず。

翻刻

夜のおとどは東御枕なり。おほかた東を/w1-95r
枕として陽気をうくべき故に。孔子も
東首し給へり。寝殿のしつらひ。或は
南枕常の事也。白河院は北首に
御寝なりけり。北はいむる事也。又伊勢は南
也太神宮の御方を。御跡にせさせ給ふ事
いかがと。人申けり。ただし太神宮の遥
拝は巽にむかはせ給ふ。南にはあらず/w1-95l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0095.jpg

1)
白河天皇
2)
東南
text/turezure/k_tsurezure133.txt.txt · 最終更新: 2018/09/05 21:10 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa