Recent changes RSS feed

徒然草

第130段 物に争はずおのれを枉げて人に従ひわが身を後にして人を先にするにはしかず・・・

校訂本文

物に争はず、おのれを枉(ま)げて人に従ひ、わが身を後(のち)にして、人を先にするにはしかず。

よろづの遊びにも、勝ち負けを好む人は、勝ちて興あらんためなり。おのれが芸の勝(まさ)りたることを喜ぶ。されば、負けて興なく思ゆべきこと、また知られたり。「われ負けて、人を喜ばしめん」と思はば、さらに遊びの興なかるべし。人に本意(ほい)なく思はせて、わが心を慰まんこと、徳にそむけり。むつましき中に戯(たがぶ)るるも、人を謀り欺きて、おのれが智の勝りたることを興とす。これまた礼にあらず。されば、はじめ興宴よりおこりて、長き恨みを結ぶたぐひ多し。これみな、争ひを好む失なり。

人に勝らんことを思はば、ただ学問して、その智を人に勝らんと思ふべし。道を学ぶとならば、善にほこらず、ともがらに争ふべからずといふことを知るべきゆゑなり。

大きなる職をも辞し、利をも捨つるは、ただ学問の力なり。

翻刻

物にあらそはず。己を枉て人にした
がひ。我身を後にして。人を先にする
にはしかず。万の遊にも。勝負をこのむ
人は勝て興あらんため也。をのれが藝の/w1-93l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0093.jpg

まざりたる事をよろこぶ。さればまけて
興なく覚ゆべき事又しられたり。我
負て。人をよろこばしめんと思はば。更
にあそびの興なかるべし。人にほいなく
おもはせて。わが心をなぐさまん事徳
にそむけり。むつましき中にたはふるる
も。人をはかりあざむきて。をのれが智の
まさりたる事を興とす。是又礼にあら
ず。さればはじめ興宴よりおこりて。
ながき恨を結ぶたぐひ多し。これ/w1-94r
みなあらそひをこのむ失也。人に勝らん
事を思はば。ただ学問して其智を人
にまさらんと思ふべし。道をまなぶと
ならば。善に伐らず。友がらにあらそふ
べからずといふ事を知べき故也。大なる
職をも辞し利をもすつるは。ただ学
問の力也。まづしき者は財をもて礼/w1-94l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0094.jpg

text/turezure/k_tsurezure130.txt.txt · 最終更新: 2018/09/04 22:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa