Recent changes RSS feed

徒然草

第114段 今出川の大臣殿嵯峨へおはしけるに・・・

校訂本文

今出川の大臣殿(おほいどの)1)、嵯峨へおはしけるに、有栖川のわたりに、水の流れたる所にて、賽王丸(さいわうまる)、御牛を追ひたりければ、あがきの水、前板まで、ささとかかりけるを、為則、御車のしりに候ひけるが、「希有の童(わらは)かな。かかる所にて、御牛をば追ふものか」と言ひたりければ、大臣殿、御気色悪しくなりて、「おのれ、車やらん事、賽王丸にまさりてえ知らじ。希有の男なり」とて、御車に頭を打ち当てられにけり。

この高名の賽王丸は、太秦殿の男、料の御牛飼ぞかし。この太秦殿に侍りける女房の名ども、一人は「ひささち」、一人は「ことつち」、一人は「はふはら」。一人は「をとうし」と付けられけり。

翻刻

今出川のおほい殿。嵯峨へおはしけるに。
有栖川のわたりに。水のながれたる所にて。
さい王丸御牛を追たりければ。あがきの水
前板までささとかかりけるを。為則御車
のしりに候けるが。希有の童哉かかる
所にて。御牛をばをふ物か。といひたりけれ
ば。おほい殿御気色あしくなりて。を
のれ車やらん事。さい王丸にまさりて
えしらじ。希有の男也とて。御車/w1-83l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0083.jpg

に頭をうちあてられにけり。この高名
のさい王丸は。太秦どのの男料の。御牛飼
ぞかし。此太秦殿に侍りける女房の名
ども。一人はひささち。一人はことつち。一人ははふ
はら。一人はをとうしとつけられけり/w1-84r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0084.jpg

1)
西園寺公相
text/turezure/k_tsurezure114.txt.txt · 最終更新: 2018/08/18 16:14 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa