Recent changes RSS feed

徒然草

第113段 四十にも余りぬる人の色めきたる方・・・

校訂本文

四十にも余りぬる人の、色めきたる方、おのづから忍びてあらんはいかがはせん、言(こと)にうち出でて、男女のこと、人の上をも言ひたはぶるこそ、にげなく、見苦しけれ。

おほかた、聞きにくく見苦しきこと、老人の若き人に交はりて、興あらんともの言ひゐたる。数ならぬ身にて、世のおぼえある人を、隔てなきさまに言ひたる。貧しき所に酒宴好み、「客人に饗応せん」と、きらめきたる。

翻刻

四十にもあまりぬる人の。色めきたる
方。をのづから。しのびてあらんはいかがはせん。
ことに打出て男女の事。人のうへをも
いひたはふるこそ。にげなく見苦し
けれ。大かた聞にくくみぐるしき事。
老人の若き人にまじはりて。興あらん
と物いひゐたる。数ならぬ身にて世の
覚えある人を。へだてなきさまにいひたる。
まづしき所に。酒宴ごのみ客人に/w1-83r
饗応せんときらめきたる/w1-83l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0083.jpg

text/turezure/k_tsurezure113.txt.txt · 最終更新: 2018/08/18 12:09 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa