ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure108.txt

徒然草

第108段 寸陰惜しむ人なしこれよく知れるか愚かなるか・・・

校訂本文

寸陰惜しむ人なし。これよく知れるか、愚かなるか。

愚かにして怠る人のために言はば、一銭軽(かろ)しといへども、これを重ぬれば、貧しき人を富める人となす。されば、商人の一銭を惜しむ心、切なり。

刹那覚えずといへども、これを運びて止(や)まざれば、命を終ふる期(ご)、たちまちに至る。されば、道人(だうにん)は、遠く日月を惜しむべからず。ただ今の一念、むなしく過ぐることを惜しむべし。もし、人来たりて、「わが命、明日は必ず失はるべし」と告げ知らせたらんに、今日の暮るる間、何ごとをか頼み、何ごとをか営ままん。われらが生ける今日の日、何ぞその時節に異らん。

一日のうちに、飲食(おんじき)・便利(べんり)・睡眠(すいめん)・言語(ごんご)・行歩(ぎやうぶ)、やむことを得ずして、多くの時を失ふ。その余りの暇、いくばくならぬうちに、無益のことをなし、無益のことを言ひ、無益のことを思惟(しゆい)して、時を移すのみならず、日を消し、月をわたりて、一生を送る。もつとも愚かなり。

謝霊運は法華の筆受なりしかども、心常(こころつね)に風雲の思ひを観ぜしかば、恵遠、白蓮の交はり1)を許さざりき。

しばらくもこれなき時は死人に同じ。光陰、何のためにか惜しむとならば、内に思慮なく、外に世事なくして、止(や)まん人は止み、修せん人は修せよとなり。

翻刻

寸陰おしむ人なし。これよくし
れるがをろかなるか。をろかにしてをこ
たる人のためにいはば。一銭軽しといへ
ども。是をかさぬれば。まづしき人を
とめる人となす。されば商人の。一銭を
おしむ心切也。刹那。覚えずといへども。こ
れをはこびてやまざれば。命を終る
期忽にいたる。されば道人は。とをく日月
を惜べからず。ただ今の一念。むなしく過
る事をおしむべし。もし人来りて。/w1-79l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0079.jpg

我命あすは必失はるべし。と告しら
せたらんに。けふのくるるあひだ。何事
をかたのみ何事をかいとなまん。我等
がいけるけふの日なんぞ其時節にこと
ならん。一日のうちに。飲食便利睡眠
言語行歩。やむ事をえずして。おほ
くの時をうしなふ。其あまりの暇
幾ならぬうちに。无益の事をなし無
益の事をいひ。無益の事を思惟し
て時を移すのみならず。日を消し/w1-80r
月を亘て。一生を送る。尤をろかなり。
謝霊運は法華の筆受なりしか
ども。心常に風雲の思を観ぜしかば。
恵遠白蓮の交をゆるさざりき。蹔
もこれなき時は。死人におなじ。光陰
何のためにかおしむとならば。内に思
慮なく。外に世事なくして。止ん人は
止。修せん人は修せよとなり/w1-80l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0080.jpg

1)
白蓮社


text/turezure/k_tsurezure108.txt.txt · 最終更新: 2018/08/16 14:01 (外部編集)