ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure098.txt

徒然草

第98段 尊き聖の言ひ置けることを書き付けて一言芳談とかや名付けたる・・・

校訂本文

尊き聖(ひじり)の言ひ置けることを書き付けて、一言芳談とかや名付けたる草子を見侍りしに、心にあひて思えしことども。

  • 「しやせまし、せずやあらまし」と思ふことは、おほやうは、せぬはよき也。1)
  • 後世を思はん者は、糂汰瓶(じんだがめ)一も持つまじきことなり。2)持経・本尊に至るまで、良き物を持つ、よしなきことなり。3)
  • 遁世者は、なきにことかけぬやうをはからひて過ぐる、最上のやうにてあるなり。4)
  • 上臈は下臈になり、智者は愚者になり、徳人は貧になり、能ある人は無能になるべきなり。5)
  • 仏道を願ふといふは、別のことなし。暇(いとま)ある身になりて、世のことを心にかけぬを第一の道とす。6)

このほかもありしことども、覚えず。

翻刻

たうときひじりの。云置ける事を書付
て。一言芳談とかやなづけたる草子を
見侍しに。心にあひて覚えし事ども
一 しやせまし。せずやあらましと
  思ふ事は。おほやうは。せぬはよき也
一 後世を思はん者は。糂汰瓶一ももつ
  まじきこと也。持経本尊にいたる
  まで。よき物をもつよしなき事也
一 遁世者はなきにことかけぬやうをは/w1-72r
  からひて過る。最上のやうにて有也
一 上臈は下臈になり。智者は愚者
  になり。徳人は貧に成。能ある人は
  無能になるべき也
一 仏道をねがふといふは。別の事
  なし。いとまある身になりて。世の
  事を心にかけぬを第一の道とす
  此外も有し事どもおぼえず/w1-72l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0072.jpg

1)
明禅の言葉
2)
俊乗房重源の言葉
3)
解脱上人貞慶の言葉
4)
敬仏房の言葉
5)
松蔭の顕性房の言葉
6)
行仙房の言葉


text/turezure/k_tsurezure098.txt.txt · 最終更新: 2018/08/03 12:27 (外部編集)