ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure090.txt

徒然草

第90段 大納言法印の召し使ひし乙鶴丸やすら殿といふ者を知りて・・・

校訂本文

大納言法印の召し使ひし乙鶴丸(おとづるまる)、やすら殿といふ者を知りて、常に行き通ひしに、ある時、出でて帰り来たるを、法印、「いづくへ行きつるぞ」と問ひしかば、「やすら殿のがり、まかりて候ふ」と言ふ。

「そのやすら殿は、男か法師か」と、また問はれて、袖かき合はせて、「いかが候ふらん。頭(かしら)をば見候はず」と答へ申しき。

などか、頭ばかりの見えざりけん。

翻刻

大納言法印のめしつかひし乙鶴丸。
やすら殿といふものを知て。常に行
通しに。或時出て帰来たるを。法印
いづくへ行つるぞと問しかば。やすらどのの
がり。まかりて候。といふ其やすら殿は。男
か法師かと又とはれて。袖かきあはせて。
いかが候らん。頭をば見候はずと答申/w1-67l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0067.jpg

き。などか頭ばかりのみえざりけん/w1-68r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0068.jpg



text/turezure/k_tsurezure090.txt.txt · 最終更新: 2018/07/30 17:07 (外部編集)