Recent changes RSS feed

徒然草

第89段 奥山に猫またといふものありて人を食ふなると人の言ひけるに・・・

校訂本文

「奥山に、猫またといふものありて、人を食(くら)ふなる」と、人の言ひけるに、「山ならねども、これらにも、猫の経(へ)あがりて、猫またになりて、人捕ることはあなるものを」と言ふ者ありけるを、何阿弥陀仏とかや、連歌しける法師の、行願寺の辺にありけるが聞きて、「一人歩(あり)かん身は、心すべきことにこそ」と思ひけるころしも、ある所にて、夜更くるまで連歌して、ただ一人帰りけるに、小川(こがは)の端(はた)にて、音に聞きし猫また、あやまたず足もとへふと寄り来て、やがてかきつくままに、頸(くび)のほどを食はんとす。

肝心(きもこころ)も失せて、防がんとするに、力もなく足も立たず、小川へ転び入りて、「助けよや、猫また、よやよや」と叫べば、家々より、松ども灯して走り寄りて、見れば、このわたりに見知れる僧なり。

「こはいかに」とて、川の中より抱(いだ)き起したれば、連歌の賭物(かけもの)取りて、扇・小箱など懐(ふところ)に持ちたりけるも、水に入りぬ。希有(けう)にして助かりたるさまにて、這ふ這ふ家に入りにけり。

飼ひける犬の、暗けれど、主(ぬし)を知りて、飛び付きたりけるとぞ。

翻刻

奥山に猫またといふものありて。人を/w1-66r
くらふなると。人のいひけるに。山ならね
どもこれらにも。猫のへあがりて猫また
に成て。人とる事はあなる物をと云者
有けるを。何阿弥陀仏とかや。連歌し
ける法師の。行願寺の辺にありける
がききて。ひとりありかん身は。心すべき
ことにこそとおもひける比しも。ある所
にて夜ふくるまで連歌して。ただ
ひとり帰けるに。小川のはたにて音に聞
し猫また。あやまたずあしもとへふと/w1-66l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0066.jpg

よりきて。やがてかきつくままに。頸のほど
をくはんとす。肝心もうせてふせがんと
するに。力もなく足もたたず。小川へころ
び入て。たすけよやねこまた。よやよやと
さけべば。家々より松どもともして。
はしりよりて。見れば。このわたりに見
しれる僧也。こは如何にとて。川の中
よりいだきおこしたれば。連哥のかけ
ものとりて扇小箱など懐に持たり
けるも。水に入ぬ。希有にしてたす/w1-67r
かりたるさまにて。はふはふ家に入に
けり。かひける犬のくらけれどぬし
をしりて。飛付たりけるとぞ/w1-67l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0067.jpg

text/turezure/k_tsurezure089.txt.txt · 最終更新: 2018/07/27 18:51 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa