Recent changes RSS feed

徒然草

第72段 賤げなるもの・・・

校訂本文

賤(いやし)げなるもの。居たるあたりに調度の多き。硯に筆の多き。持仏堂に仏の多き。前栽(せんざい)に石・草木の多き。家の内に子孫(こうまご)の多き。人にあひて詞(ことば)の多き。願文に作善(さぜん)多く書き載せたる。

多くて見苦しからぬは、文車(ふぐるま)の文、塵塚(ちりづか)の塵。

翻刻

賤げなる物居たるあたりに調度のおほ
き。硯に筆のおほき。持仏堂に仏のおほ
き。前栽に石草木のおほき。家の内に
子孫のおほき。人にあひて詞のおほき。願文
に作善おほく書のせたる。おほくて見/w1-55r
ぐるしからぬは。文車の文。塵塚のちり/w1-55l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0055.jpg

text/turezure/k_tsurezure072.txt.txt · 最終更新: 2018/07/17 10:48 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa