Recent changes RSS feed

徒然草

第67段 賀茂の岩本橋本は業平実方なり・・・

校訂本文

賀茂の岩本・橋本1)は業平・実方なり。

人の常に言ひまがへ侍れば、一年(ひととせ)参りたりしに、老いたる宮司(みやづかさ)の過ぎしを呼びとどめて尋ね侍りしに、「『実方は、御手洗(みたらし)に影の映りける所』と侍れば、橋本や、なほ水の近ければと思え侍る。吉水和尚2)

  月をめで花をながめしいにしへのやさしき人はここにありはら

とよみ給ひけるは、岩本の社とこそ承り置き侍れど、おのれらよりは、なかなか御存知などもこそ候はめ」と、いとうやうやしく言ひたりしこそ、いみじく思えしか。

今出川院近衛とて、集どもにあまた入りたる人は、若かりける時、常に百首の歌を詠みて、かの二つの社の御前の水にて書て、手向けられけり。まことにやんごとなき誉ありて、人の口にある歌多し。作文・詩序など、いみじく書く人なり。

翻刻

賀茂の岩本橋本は業平実方也。
人の常にいひまがへ侍れば。一年参り
たりしに。老たる宮司の過しをよび
とどめて。尋侍しに。実方は御手洗に
影のうつりける所と侍れば橋本や。なを
水のちかければと覚え侍る。吉水和尚
 月をめで花をながめしいにしへの
やさしき人はここにありはら。とよみ給/w1-52r
けるは。岩本の社とこそ承りをき侍れ
ど。をのれらよりは。なかなか御存知など
もこそさふらはめといと。うやうやしく
いひたりしこそ。いみじくおぼえしか
今出川院近衛とて集どもにあま
た入たる人は。わかかりける時。常に百首の
歌をよみて。かの二の社の御前の水に
て書て。手向られけり。誠にやん事
なき誉ありて。人の口にある哥おほし。
作文。詩序などいみじくかく人也/w1-52l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0052.jpg

1)
いずれも上賀茂神社の末社
2)
慈円
text/turezure/k_tsurezure067.txt.txt · 最終更新: 2018/07/15 17:28 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa