ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure032.txt

徒然草

第32段 九月二十日のころある人に誘はれ奉りて・・・

校訂本文

九月二十日のころ、ある人に誘はれ奉りて、明くるまで、月見歩(あり)くこと侍りしに、思し出づる所ありて、案内(あない)せさせて入り給ひぬ。荒れたる庭の露しげきに、わざとならぬ匂ひ、しめやかにうち香りて、忍びたる気配、いとものあはれなり。

よきほどにて出で給ひぬれど、なほことざまの優(いう)に思えて、ものの隠れより、しばし見ゐたるに、妻戸をいま少し押し開けて、月見る気色なり。

やがてかけこもらましかば、口惜しからまし。跡まで見る人ありとは、いかでか知らん。かやうのことは、ただ朝夕の心づかひによるべし。

その人、ほどなく失せにけりと聞き侍りし。

翻刻

九月廿日の比。ある人にさそはれたて
まつりて明るまで月見ありく事侍
しに。おぼしいづる所ありて。あないせさ
せて入給ひぬ。荒たる庭の露しげき
に。わざとならぬにほひしめやかにうちか/w1-26l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0026.jpg

ほりて。しのびたるけはひいと物あはれ也。
よきほどにて出給ひぬれど。なを事
ざまの優におぼえて物のかくれよりし
ばし見ゐたるに。妻戸を今すこし
をしあけて。月見るけしき也。やがて
かけこもらましかば。くちおしから
まし。跡まで見る人ありとは。いかで
かしらん。かやうの事は。ただ朝夕の
心づかひによるべし。その人ほどなく
うせにけりと聞侍りし/w1-27r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0027.jpg



text/turezure/k_tsurezure032.txt.txt · 最終更新: 2018/06/19 18:46 (外部編集)