Recent changes RSS feed

徒然草

第13段 一人灯のもとに文を広げて見ぬ世の人を友とするぞ・・・

校訂本文

一人、灯(ともしび)のもとに文を広げて、見ぬ世の人を友とするぞ、こよなう慰(なぐさ)むわざなる。

文は文選のあはれなる巻々。白氏文集。老子の詞(ことば)。南華の篇1)

この国の博士どもの書けるものも、いにしへのは、あはれなること多かり。

翻刻

ひとり灯のもとに文をひろけて。見ぬ
世の人を友とするぞこよなうなぐさむ/w1-11l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0011.jpg

わざなる。文は文選のあはれなる巻々。
白氏文集。老子のことば。南華の篇。
此国の博士どものかける物も。いにし
へのはあはれなる事おほかり/w1-12r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0012.jpg

1)
『荘子』。『南華真経』と呼ばれた。
text/turezure/k_tsurezure013.txt.txt · 最終更新: 2018/06/02 16:51 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa