ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure009.txt

徒然草

第9段 女は髪のめでたからんこそ人の目たつべかめれ・・・

校訂本文

女は髪のめでたからんこそ、人の目たつべかめれ。人のほど・心ばへは、もの言ひたるけはひにこそ、ものごしにも知らるれ。

ことにふれて、うちあるさまにも、人の心を惑はし、すべて女の、うちとけたる寝(い)も寝(ね)ず、「身を惜し」とも思ひたらず、耐ゆべくもあらぬわざにもよく耐へ忍ぶは、ただ色を思ふがゆゑなり。

まことに、愛着の道、その根深く、源遠し。六塵の楽欲多しといへども、みな厭離しつべし。その中に、ただかの惑ひの、一つ止めがたきのみぞ、老たるも若きも、智あるも愚なる も、変る所なしと見ゆる。

されば、女の髪筋(かみすぢ)をよれる綱には、大象もよく繋がれ、女の履ける足駄(あしだ)にて作れる笛には、秋の鹿、必ず寄るとぞ言ひ伝へ侍る。

みづから戒めて、恐るべく、慎むべきは、この惑ひなり。

翻刻

女は髪のめでたからんこそ人のめたつ
べかめれ。人のほど心ばへはものいひたる
けはひにこそ。ものごしにもしらるれ。
ことにふれてうちあるさまにも人の心を
まどはし。すべて女のうちとけたるいも
寝ず。身をおしとも思ひたら
ず。たゆべくもあらぬわざにもよくたへ
しのぶは。ただ色をおもふがゆへなり。
まことに愛着の道その根ふかく/w1-8r
源とをし。六塵の楽欲おおしといへ
ども皆猒離しつべし。其中に
ただかのまどひのひとつやめがたきのみ
そ老たるもわかきも。智あるも愚なる
もかはる所なしとみゆる。されば女の髪
すぢをよれる綱には。大象もよくつな
がれ。女のはけるあしだにて作れる
笛には。秋の鹿。かならずよるとぞいひ
つたへ侍る。みづからいましめて。おそる
べくつつしむべきは此まどひ也/w1-8l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0008.jpg



text/turezure/k_tsurezure009.txt.txt · 最終更新: 2018/05/26 16:36 (外部編集)