ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure007.txt

徒然草

第7段 あだし野の露消ゆる時なく・・・

校訂本文

あだし野の露、消ゆる時なく、鳥部山の烟(けぶり)、立ち去らでのみ住み果つる習ひならば、いかにもののあはれも無からん。世は定めなきこそ、いみじけれ。

命あるものを見るに、人ばかり久しきはなし。かげろふの夕べを待ち、夏の蝉の春秋を知らぬもあるぞかし。つくづくと一年を暮らすほどだにも、こよなうのどけしや。飽かず、惜しと思はば、千年を過ぐすとも、一夜の夢の心地こそせめ。住み果てぬ世に、みにくき姿を待ち得て、何にかはせん。

命長ければ辱(はぢ)多し。長くとも、五十に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。そのほど過ぎぬれば、形(かたち)を恥づる心もなく、人に出で交(まじ)らはんことを思ひ、夕べの陽(ひ)に子孫を愛して、栄(さか)ゆく末(すゑ)を見んまでの命をあらまし、ひたすら世をむさぼる心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。

翻刻

あだし野の露きゆる時なく。鳥部山
の烟立さらでのみ住はつるならひ
ならば。いかに物のあはれもなからん。世は
さだめなきこそいみじけれ。命ある物
を見るに人ばかり久しきはなし。かげ
ろふのゆふべをまち。夏のせみの春秋を
しらぬも有ぞかし。つくづくと一年
をくらすほどだにもこよなうのど/w1-6l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0006.jpg

けしや。あかずおしと思はば。千年
を過すとも一夜の夢の心ちこそせめ。すみ
はてぬ世にみにくきすがたを待えて何
かはせん。いのちながければ辱おほし。
ながくとも五十にたらぬほどにてし
なんこそめやすかるべけれ。そのほどす
ぎぬればかたちをはづる心もなく。人に
いでまじらはん事を思ひ。夕の陽
に子孫を愛してさかゆくすゑを
見んまでの命をあらまし。ひたすら/w1-7r
世をむさぼる心のみふかく。もののあはれ
もしらずなりゆくなん浅ましき/w1-7l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0007.jpg



text/turezure/k_tsurezure007.txt.txt · 最終更新: 2018/06/12 23:22 (外部編集)