ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure002.txt

徒然草

第2段 いにしへのひじりの御代の政をも忘れ・・・

校訂本文

いにしへの、ひじりの御代の政(まつりごと)をも忘れ、民の愁へ、国の損(そこな)はるるをも知らず、よろづにきよらを尽して、「いみじ」と思ひ、所狭(ところせ)きさましたる人こそ、うたて、思ふところなく見ゆれ。

「衣冠より、馬・車に至るまで、あるにしたがひて用ゐよ。美麗を求むることなかれ」とぞ、九条殿の遺誡1)にも侍る。

順徳院2)の禁中の事ども書かせ給へるにも3)、「おほやけの奉り物は、おろそかなるをもてよしとす」とこそ侍れ。

翻刻

いにしへのひじりの御代の政をも
わすれ。民の愁国のそこなはるるをもしら
ず。よろづにきよらをつくしていみじ
と思ひ。所せきさましたる人こそうた
ておもふところなく見ゆれ。衣冠より馬
車にいたるまで。有にしたがひて用
よ。美麗をもとむる事なかれとぞ
九条殿の遺誡にも侍る。順徳院の禁/w1-4l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0004.jpg

中の事どもかかせ給へるにも。おほや
けの奉り物は。をろそかなるをもて
よしとすとこそ侍れ/w1-5r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0005.jpg

1)
『九条殿遺誡』。九条殿は藤原師輔。
2)
順徳天皇
3)
『禁秘抄』


text/turezure/k_tsurezure002.txt.txt · 最終更新: 2018/05/19 11:56 (外部編集)