Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第27話(102) 四条大納言(歌)

校訂本文

経信の帥大納言1)、八条わたりに住み給ひけるころ、九月ばかりに、月のあかかりけるに、ながめしておはしけり。

砧(きぬた)の音のほのかに聞こえ侍れば、四条大納言2)の歌

  からころも打つ声聞けば月清みまた寝ぬ人をそらに知るかな

と詠ふ給ふに、前栽の方に、

  北斗星前横旅鴈

  南楼月下擣寒衣

といふ詩を、まことに恐しき声して、高らかに詠ずる者あり。

「誰ばかり、かくめでたき声したらん」と思えて、驚きて、見やり給ふに、長(たけ)一丈五六尺も侍らんと思えて、髪の逆様に生ひたる者にて侍り。「こはいかに、八幡大菩薩、助けさせ給へ」と祈念し給へるに、この者、「何かは祟りをなすべき」とて、かき消ち失せ侍りぬ。「さだかに、いかなる者の姿とは、よくも思えず」と語り給へりけり。

朱雀門の鬼なんどにや侍りけん。それこそ、このころ、さやうの数寄者(すきもの)にては侍りしか。

翻刻

経信の帥大納言八条わたりにすみ給ける比九月は
かりに月のあかかりけるになかめしておはしけり
きぬたのをとのほのかにきこえ侍れは四条大
納言の哥
  から衣うつ声きけは月きよみ
  またねぬ人を空にしる哉
と詠し給に前栽の方に北斗星前横旅鴈
南楼月下擣寒衣と云詩を実におそろしき
声してたからかに詠する物有誰はかりかく目出き
声したらんと覚ておとろきてみやり給に長一丈/k254l
五六尺も侍らんとおほえて髪のさかさまにおひた
るものにて侍りこはいかに八幡大菩薩たすけさせ給へと
祈念し給へるに此ものなにかはたたりをなすへき
とてかきけちうせ侍りぬさたかにいかなるもの
の姿とはよくも覚すと語給へりけり朱雀門
の鬼なんとにや侍りけんそれこそ此比さやうの
すき物にては侍しか/k255r
1)
源経信
2)
藤原公任。ただし、実際は紀貫之の歌
text/senjusho/m_senjusho08-27.txt · 最終更新: 2016/09/21 18:53 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa