Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第24話(99) 花山院(歌)

校訂本文

花山院1)の、道心のおこり給へりけるころ、御堂の御殿2)の御方より、紅梅のことに色も薫も妙(たへ)に侍りけるを、一枝参らせける御返事に、

  色香をば思ひも入れず梅の花つねならぬ世によそへてぞ見る

と詠み給へりける。あはれに侍り。

常なき世には、色をも香(か)をも思ひ入れじ。花も世も、常ならましかば、花にも香にも心をとめましものを。げに、無常を思し召し、しめさせ給へりける、いとかたじけなくぞ思え侍る。

「御堂の御殿3)も、ことにあはれに思えていまそかりけるままに、そぞろに御袖を濡らさせ給へり」と、伝へ承り侍りし。

翻刻

花山院の道心の発り給へりける比御室の御殿の
御方より紅梅の殊色も薫も妙に侍りけるを
一枝まいらせける御返事に
  色香をはおもひもいれす梅のはな/k251l
  つねならぬ世によそへてそみる
と読給へりける哀に侍り常なき世には色をも
香をも思入し花も世も常ならましかは花にもかに
も心をとめまし物を実無常を思食しめさせ給へり
けるいとかたしけなくそ覚侍る御室の御殿も殊
哀に覚ていまそかりけるままにそそろに御袖をぬ
らさせ給へりと伝承侍し/k252r
1)
花山天皇
2) , 3)
藤原道長。底本「御室の御殿」。諸本により訂正。
text/senjusho/m_senjusho08-24.txt · 最終更新: 2016/09/18 16:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa