Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第8話(83) 北野御事

校訂本文

昔、延喜の御時1)、北野の大臣2)、ことにあたりて、西の国へ流され給ひしに、父子五処に別れ給へりしかば、涙にくれて、紅鏡、さらに見えわかず、闇に迷へる心地なんし給ひけるに、をりふし、初雁の雲井ほのかに聞こえて侍りしかば、

  我為遷客汝来賓

  共是蕭々旅漂身

  敧枕思量帰去来

  我知何歳汝明春

と作り給へりける、あはれに侍り。

げにも、大臣は遷客、雁は来賓、しかはあれども、同じく旅の空に身をただよはせり。しづかに枕をそばだてて、旧里に帰らんことをはかるに、雁はまたの年の春なり、大臣はいづれの年にかあらんと、あはれに侍り。つひに、旅にてこそ、御身はまかりていまそかりしか。

そもそも、また、

  離家三四月

  落涙百千行

  万事皆如夢

  時々仰彼蒼

といふ詩を、「これは、天神の御詩なり」とて、応和の末の年、唐土(もろこし)より注(しる)し申し侍るこそ、不思議には侍れ。されば、わが朝には広まらざるを、誰か何として、唐国には詠じ侍りけるにや。ことにかたじけなくぞ侍る。

この延喜の御門は、「仁流秋津州之外恵茂筑波山之影」なんど言はれ給ひしに、科(とが)もいませざりし北野を、はるかの境まで3)流しつかはし給へることこそ、「いかなりける御誤りやらん」と思え侍れ。

翻刻

昔延喜の御時北野の大臣事にあたりて西
の国へ流され給ひしに父子五処にわかれ給へり
しかは泪にくれて紅鏡更見えわかすやみに迷へ
る心ちなんし給けるにおりふし初かりの雲
井ほのかに聞て侍りしかは
  我為遷客汝来賓  共是蕭々旅漂身
  敧枕思量帰去来  我知何歳汝明春
と造り給へりけるあはれに侍り実も大臣は/k238r
遷客鳫は来賓しかはあれとも同く旅の空
に身をたたよはせり閑に枕をそはたてて旧里に
帰らんことをはかるに鳫は又の年の春なり
大臣は何年にかあらんとあはれに侍りつゐに
旅にてこそ御身はまかりていまそかりしか抑又
離家三四月落涙百千行万事皆如夢時々
仰彼蒼と云詩を此は天神の御詩なりとて
応和の末の年もろこしより注申侍るこそ
不思議には侍れされは我朝にはひろまら
さるを誰か何として唐国には詠し侍ける/k238l
にや殊参(忝歟)くそ侍る此延喜の御門は仁流秋津
州之外恵茂筑波山之影なんといはれ給し
に科もいませさりし北野を遥の境流遣た
まへる事こそいかなりける御あやまりやらんと
覚侍れ/k239r
1)
醍醐天皇の御代
2)
菅原道真
3)
底本「まで」なし。諸本により補う。
text/senjusho/m_senjusho08-08.txt · 最終更新: 2016/09/04 22:49 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa