Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第6話(81) 朝綱卿成宰相詩

校訂本文

昔、後江相公1)、常陸介になりて下されりけるに、信濃国にとどまりたりけるに、「旧里、悪しく夢に見えぬるは、何事のあるべきにや」と思ひさはぎて2)、人を返しけるとき、

  前途程遠馳思於鴈山之暮雲

  後会期遥霑纓於鴻臚之暁涙

といふ詩を書けり。

使、いまだ都に着かざるに、相公の文詞の蔵、焼けにけり。これが、はや先立ちて、夢には思ひおどろくまでに見えけるなるべし。

さて、この詩、御門聞こしめして、急ぎ朝綱卿召し返されて、宰相になして、伊予国を給はりにけり。上野国まで下り侍れども、常陸へも通らで、都に帰り上りて、相公につらなりて、一国を領ぜりける。身にとりて、面目を極めり。

げにげに、この詩の心、「げに」と思えて、あはれになん侍り。遠き途(みち)におもむきて、思ひを鴈山の暮の雲にはせ、後会をはるかに期せんこと、「さり」と思えて侍り。

翻刻

昔後江相公常陸介になりて下されりけるに
信濃国にととまりたりけるに旧里あしく夢に
みえぬるは何事のあるへきにや□□思□はきて/k236l
人を返しけるとき
  前途程遠馳思於鴈山之暮雲
  後会期遥霑纓於鴻臚之暁涙
といふ詩をかけり使いまた都につかさるに相公の
文詞の蔵焼にけり是かはや先立て夢には思
ひおとろくまてに見えけるなるへしさて此詩御
門聞食ていそき朝綱卿召返されて宰相にな
して伊与国を給はりにけり上野国まて下
侍れとも常陸へもとをらて都に帰りのほりて
相公につらなりて一国を領せりける身に取て面目/k237r
を極めり実々此詩の心けにと覚てあはれに
なん侍り遠き途に趣て思を鴈山の暮の雲に
はせ後会を遥に期せん事さりとおほえて侍り/k238l
1)
大江朝綱
2)
「と思ひさはきて」は、底本「□□思□はきて」。□は虫損。諸本により補う。
text/senjusho/m_senjusho08-06.txt · 最終更新: 2016/09/03 15:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa