Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第5話(80) 野相公再日詩事

校訂本文

昔、仁明1)の御時、野相公2)、咎(とが)にあたりて、隠岐国へ流され侍りけるに、

  万里東来何再日  一生西望是長襟

と作れり。

御門、聞こしめして、流罪を留めたく思しめしけれども、綸言すでに下り侍りけるほどに、力なくて、流しつかはされ侍りぬ。

次の年、召し返されけるに、「去年の再日の名句による」とぞ、仰せ下されける。げにもありがたき句に侍り。万里の波にただよひて、一生西におもむけらん、げにげに悲しかるべし。

さても、この篁の、隠岐国に流されておはするより、海人(あま)の釣舟のはるかに波に浮びて、漕ぎ隠れぬるを見て、

  わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと人には告げよ海人の釣舟

と詠みてけり。

詩巧みなる人は、歌をもよく詠めりけるこそ。まことに同じ風情ならんと、かへすがへすゆかしく侍り。

翻刻

昔仁明の御時野相公とかにあたりて隠岐国へ
なかされ侍りけるに
  万里東来何再日
  一生西望是長襟
と造れり御門聞食て流罪を留めたく思食
けれとも綸言すてに下侍りける程に力なくて
なかしつかはされ侍ぬ次年召返されけるに去年
の再日の名句によるとそ仰下されけるけに
も有かたき句に侍り万里の浪にたたよひて
一生西におもむけらん実々かなしかるへしさて
も此篁の隠岐国になかされておはするよりあまの/k236r
つり舟のはるかに波にうかひてこきかくれぬる
を見て
  わたの原やそ嶋かけてこき出ぬと
  人には告よ海人のつりふね
と読みてけり詩巧みなる人は哥をもよくよめり
けるこそまことに同し風情ならんと返々ゆかし
く侍り/k236l
1)
仁明天皇
2)
小野篁
text/senjusho/m_senjusho08-05.txt · 最終更新: 2016/09/01 19:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa