Recent changes RSS feed

撰集抄

巻6第12話(60) 三滝上人於庵室値道心者事

校訂本文

さいつころ、頭おろして侍りしころ、結縁もせまほしくて、三滝の聖人観空の庵にまかりたりしに、折節(をりふし)、聖人たがはれ侍りしかば、「待ち侍らん」と思ひて、東向きなる妻戸の内に、うち休みて侍るに、あてやかなる姿ざしを、わざとやつせると見え侍り。月代(つきしろ)なんどあざやかにて、近く家を出でらん人と思え侍り。われには目もかけで、庭の草花をながめて、うちうめけることざまの、優に思え侍るほどに、藤の衣の袖に露落ちかかりしを、またつくづくとまぼり侍りしことがらの、ただの者とは見えざりしかば、

  露をだに今はかたみの藤衣

と申し侍りしかば、この人、とりあへず、

  あだにも袖を吹く嵐かな

と付けて侍りき。

あまりにおもしろく思え侍りしかば、「誰と申すにか。また理髪の昔の御ことも、聞かまほしく侍り」と語らひ侍りしかば、「われは近衛院1)に近く召しつかはれ奉りて、かたじけなく、清涼殿の月をも秋をかさねてながめ、古射山の紅葉をも年を経て見侍り。わづかに位三品にいたり侍りしほどに、はからざるに、近衛院、ほのぼのとありし齢にて、はかなくならせ給ひしかば、世の無常の思ひ知られて、つゆばかりの具足をも身にそへず、年ごろの舎利のおはしまし侍りけるばかりを取りて、まかり出でて侍り。されども、する勤めも侍らず」とのたまはせし、聞くに、そぞろに涙もせきあへず侍りき。

朝(あした)に生まれ、夕べに死するはかなき世とは、誰も思へるぞかし。しかるに、今日は友にまじはりて、日影のかたぶくをも知らず、明日は世を渡りて、無常の鐘の音にも聞きおどろかず、鳥部山の煙と昇るをも知らざんめるに、この三位の、にはかに無常の心にしられ侍りて、浮世を遁れていまそかりける、かへすがへすありがたく侍り。

見ずや、露をこそ、「はかなき物」とは言ふめるに、今朝のまの朝顔の花におくれぬることを、芭蕉の上にかける蜉蝣、風になびけるは、芭蕉やさい立ちて破れん2)とする、蜉蝣や先に消えんとする、ともにあだなる身なり。

人もまたしかなり。春の朝に花を詠ずる族(やから)、花や先、人や先、何れかさい立たんとせる。秋の夜、月をながむる人、月や先に雲に隠れん、われやまさに隠れなん。げに、雲間を照らす稲妻の、ほどなきほどの身をもちて、わが身の上を讃め、人の上を言ひて、羊3)の歩みの近付きぬることをも知らざることの、いと無慙には侍らずや。

あはれ、深き御法(みのり)を知るまでのさきらは侍らずとも、無常を常に忘れぬほどの心を、仏の付け給はりて、わが身をさしはなちて、思ひをとどめて、後世のつととし侍らばや。高野の大師の御言葉4)に、「曲れる蓬、麻にまじはれば、ためざるに自然に直る」といへり。まことなるかなや。

しかあれば、げにげに、かからん人にそひて、常は世のはかなきことをも聞き侍るものならば、わが心をためんとにはあらず。自然に直(すぐ)にして、無常をも悟るべし。

翻刻

さいつころ頭をろして侍し比結縁もせまほ/k190r
しくて三瀧の聖人観空の庵にまかりたりしに
おりふし聖人たかはれ侍しかはまち侍らんと思て
東向なる妻戸の内にうちやすみて侍にあてや
かなる姿さしをわさとやつせると見え侍り月
しろなんとあさやかにて近く家をいてらん
人と覚侍り我には目もかけて庭の草花を
なかめてうちうめける事さまの優に覚
侍る程に藤の衣の袖に露おちかかりしを
又つくつくとまほり侍し事からの只の物と
は見えさりしかは/k190l
  露をたにいまはかたみのふちころも
と申侍しかはこの人とりあへす
  あたにも袖をふくあらしかな
と付て侍りきあまりに面白く覚侍しかは
誰と申にか又理髪の昔の御事も聞
まほしく侍りとかたらひ侍しかは我は近
衛院にちかく召仕れ奉りて忝清冷殿
の月をも秋をかさねてなかめ古射山のも
みちをも年をへてみ侍り僅に位三品に
至り侍し程にはからさるに近衛院ほのほの/k191r
とありし齢にてはかなくならせ給しかは世の無常
の思ひしられて露はかりの具足をも身にそへす
年此の舎利のをはしまし侍けるはかりをとり
て罷出て侍りされともする懃も侍らすと
の給はせし聞にそそろに涙もせきあへす侍りき
朝に生れ夕に死するはかなき世とは誰も思るそ
かし然に今日は友にましはりて日影のかたふくをもしらす
明日は世をわたりて無常のかねの音にも聞お
とろかす鳥部山の煙とのほるをもしらさん
めるに此三位の俄に無常の心に/k191l
しられ侍て浮世をのかれていまそかりける
返々ありかたく侍り見すや露をこそはか
なき物とはいふめるに今朝のまのあさかほ
の花にをくれぬる事を芭蕉の上にかける
蜉蝣風になひけるは芭蕉やさゐ立てやや
ふれんとする蜉蝣やさきにきえんとする
共にあたなる身なり人も又しかなり春の
朝に花を詠するやから花やさき人やさき
何れかさゐ立たんとせる秋の夜月をなか
むる人月やさきに雲にかくれん我やまさに/k192r
かくれなんけに雲間をてらす稲妻の程な
きほとの身をもちて我身のうへをほめ人の
上をいひて年の歩のちかつきぬる事を
もしらさる事のいと無慙には侍らすや哀
深みのりをしるまてのさきらは侍らす共
無常をつねに忘れぬ程の心を仏の
つけ給はりて我身をさしはなちて思をとと
めて後世のつととし侍らはや高野の
大師の御詞に曲蓬麻にましはれはため
さるに自然に直るといへり実なるかなや/k192l
しかあれはけにけにかからん人にそひて常
は世のはかなき事をも聞侍る物ならは
我心をためんとにはあらす自然にすくに
して無常をもさとるへし/k193r
1)
近衛天皇
2)
「破れん」は底本「ややふれん」。諸本により訂正。
3)
「羊」は底本「年」。諸本により訂正。
4)
空海『三教指帰』上
text/senjusho/m_senjusho06-12.txt · 最終更新: 2016/08/04 22:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa