Recent changes RSS feed

撰集抄

巻6第11話(59) 武蔵野聖事

校訂本文

さいつころ、武蔵野を過ぎ侍りしに、東西南北、草のみしげりて人も住まず、草花1)色々に咲きみだれて、ももうらに唐錦(からにしき)を広げたらん心地のし侍りて、

  武蔵野は行けども秋のはてぞなきいかなる風かすゑに吹くらん

と、はるばる思ひやり侍り。

かくて、やうやく分け入りて見侍るに、花を手折て家居せる僧あり。年は五十(いそぢ)ばかりにもやならんと見ゆるほどなり。花の机に法華経巻き並べて、「入於深山思惟仏道」と貴き声して読めりけり。

「何すぢの人ならん」と、ゆかしく思え侍りて、近寄り、くはしく尋ぬるに、「郁芳門院2)の侍に侍りしが、女院におくれ奉りし時、世のさだめなきはかなさの思ひ知られて、手づから髻(もとどり)切りて、住み慣れし都をば離れ侍りき。されども、何の勤めをすべしとも思ひさだめ侍らで、たどり歩(あり)き侍りしほどに、説法のみぎりにのぞみて侍しに、『法華経の中に、

  十方仏土中 唯有一乗法 無二亦無三3)

と説かれて、一乗妙典に過ぎて、めでたき御法(みのり)なし』と説き聞こえ給ひしこと、『げに』と思えて、法花経を読み奉りて、後世のつととはし侍らんと思ひて、おこたらず読み奉るになん侍り。この野中に住みて、すでに多くの年を送りぬれど、御経の力にや、虎狼にもあやまたれず、また、食ひ物なんどは、時々ゆゆしき天童の来りて、雪の如くに白き物をゑたびぬれば、食はざる先に物の欲しくもなく侍るになん」と云へり。

すでに仙になりにけるにや。ことにありがたくぞ侍る。読誦・念仏なんどは、無智の者、必ず巨益にあづかることに侍り。この聖も、無智におはしけるなめり。しかあれども、読誦数積みて、すでに仙となれり。

われ、一つ悦べるところは、「かくのごとくに、いみじき人々あまた見侍りぬれば、さすがに縁起難思の力もむなしからじ」と思え侍り。世につかへましかば、はるかに雲居を見上げて、色なる袂に心をうつして、胸の煙は富士の高嶺にまがひ。袖の露は清見潟(きよみがた)の速きき波によそへて、日数は積もるとも、思ひははるる末なくて、むなしくこの世はくれぬべかりし身の、「はかなき世ぞ」と思ひなして、かく桑門のたぐひとなり侍りて、蓮台の月をのぞみ、聖衆の来迎を思ひて、「少しの善根をもし侍りぬ」と思ひ侍るをりは、法界の衆生にさなから及ぼして、一つ蓮(はちす)の上に廻向するに侍り。

そもそも、われらは無上念王のそのかみ、かの国の黎民なんどにて、縁を結び奉りけるにや。そぞろに、弥陀仏4)の、頼もしく貴く思え侍り。歎きの家、悲しみのとぼそにも、かこつかたとは、この仏の御名を唱へ奉り、恋慕愛惜のたぐひ、貧窮孤独の住処、荒屋灯消えて、秋風一人すさまじきやからまで、ただ頼むかたとは、この御仏のみなり。

されば凡夫5)と縁の深くいまそかりけることは、これにて知り侍りぬべし。

翻刻

さいつころ武蔵野を過侍しに東西南北
草のみしけりて人もすます草色々に咲/k187l
みたれてももうらにからにしきをひろけたらん
心ちのし侍りて武蔵野は行とも秋のはて
そなきいかなる風かすゑにふくらんとはるはる
思やり侍りかくてやうやく分入て見侍に
花を手折て家居せる僧あり年は五そち
斗にもやならんとみゆる程なり花の机に
法花経まきならへて入於深山思惟仏道
とたうとき声してよめりけり何すちの人
ならんとゆかしく覚侍て近より委く尋ぬ
るに郁芳門院の侍に侍しか女院にをくれ/k188r
奉し時世の定なきはかなさの思ひ知れて手
つからもととり切りてすみなれし都をははなれ
侍きされ共何のつとめをすへし共思定侍
らてたとりありき侍し程に説法の砌にのそ
みて侍しに法花経の中に十方仏土中
唯有一乗法無二無三と説れて一乗妙典
にすきて目出みのりなしと説聞え給し
事けにと覚て法花経をよみ奉りて
後世のつととはし侍らんと思てをこたらす
よみ奉になん侍り此野中に住てすてに/k188l

多の年を送ぬれと御経の力にや虎狼に
もあやまたれす又くい物なんとは時々ゆゆしき
天童の来て雪の如に白き物をゑたひぬれは
くはさるさきに物のほしくもなく侍るになんといへり(り)
既仙になりにけるにや殊ありかたくそ侍る読
誦念仏なんとは無智のもの必巨益にあつ
かる事に侍り此聖も無智におはしけるな
めりしかあれとも読誦数つみてすてに仙とな
れり我一つ悦へる処は如此にいみしき人々あ
また見侍ぬれはさすかに縁起難思の力も/k189r
空しからしと覚侍り世に仕へましかは遥に雲
ゐを見あけて色なる袂に心をうつしてむ
ねの煙は富士のたかねにまかひ袖の露はきよ
みかたのはやき浪によそへて日数はつもるとも
思ひははるるすゑなくて空しく此世はくれぬへ
かりし身のはかなき世そと思ひなしてかく
桑門のたくひとなり侍りて蓮台の月を
のそみ聖衆の来迎を思ひて少の善根を
もし侍りぬと思ひ侍るおりは法界の衆生に
さなから及ほして一つはちすの上に廻向す/k189l
るに侍り抑々我等は無上念王のそのかみ彼国の
黎民なんとにて縁を結奉りけるにやそそ
ろに弥陀仏の馮しく貴く覚侍り歎の
家悲のとほそにもかこつ方とは此仏の御名
を唱へ奉り恋慕愛惜のたくひ貧窮
孤独のすみか荒屋灯きえて秋風ひとり
冷しきやからまてたた馮方とは此御仏
のみなりされは夫と縁のふかくいまそかりける
事は是にてしり侍りぬへし/k190r
1)
底本「花」なし。諸本により補う。
2)
白河天皇皇女、媞子内親王。
3)
底本「亦」なし。諸本、及び『法華経』により補う。
4)
阿弥陀如来
5)
底本「凡」なし。諸本により補う。
text/senjusho/m_senjusho06-11.txt · 最終更新: 2016/08/04 16:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa