Recent changes RSS feed

撰集抄

巻2第8話(16) 迎西上人(成通卿被仕事)

校訂本文

過ぎにしころ、侍従大納言成通卿1)、東山に住み給ひけるころ、いづくの者とも知らぬ法師の来て、「この殿に宮仕へ侍らん」と言ひければ、大納言、聞き給ひて、「いと思はずのことかな。法師は僧の下にこそ侍るべけれ。何とてこれには、『宮仕へし侍らん』と言ふにやあらん。ただし、さてもあれかし」とて、その殿に召しつかはれ侍りけり。

あさましく、心ばへいみじくて、よろづにつけて正直に侍りければ、その内の人、「聖庵2)」とぞ名づけにける。するわざもなかりけれど、心ざまのなつかしくて、殿にも、いみじくいとほしきものに思され奉りて、着るものなども、さはやかに与へ給へば、二三日は肩にかけたんめれど、のちには跡なく失ひけり。

かくすること、たびたびになり侍れば、人あやしみて、「女などをかたらひたるにや」、「さも侍れ。けしからず」、また、「その心をも見えざめり」など、わづらはしきまで沙汰しあひ侍り。

大納言、このことをもれ聞き給ひて、また、「着るものなんど賜はす」とて、「いかに、かくは跡なくなしはつるぞ。このたびは、あらかじめ失ふべからず」とよくよく仰せ含め給へりければ、この僧も、かしこまりて取り持ちけり。

そののち、人々、目を付けて見侍れば、この僧、すきをうかがひて、門より外ざまへ走り行くを、見がくれに見侍りければ、法勝寺のほとりに、ことに寒くかはゆげなる乞食に3)着物を脱ぎくれて、わが身はただ袷(あはせ)なるものばかり着て、帰りにけり。この見あらはせる人、目もめづらかに、心驚きて、急ぎ大納言にこのよしを聞こえてけり。

そののち、「よしある人に4)こそ」とて、日ごろにも似ず、殿も重く思し、人ももてなし聞こえければ、世にも本意なげに思ひたりけるが、二三日ありて、かき消すやうに失せてけり。殿よりはじめて、みな人々、忍びあひ給へりけれど、つひに見え給はで、やみにけり。

この僧、失せてのち、二十日ばかり経て、大納言、歌詠みの内に撰ばれ給ひて、冷泉中納言俊忠5)と申す人になんあはせられて、「いかがして名歌詠みて、君の御感にあづかり侍らん」と思して、このことのみを歎き給ひけるに、ある日の暮れに、ありし僧来て、「君のわづらひ給へる歌、思ひよりてこそ侍れ」とて、

  水の面に降る白雪のかたもなく消えやしなまし人のつらさに

  うらむなよ影見えかたの夕月夜(ゆふづくよ)おぼろげならぬ雲間待つ身を

と詠みて、逃げ去り給ひけるを、袖を引き留めて、「誰人にてかおはすらん。この日ごろの情けに、たしかにのたまはせよ」と侍りければ、「泊瀬山(はつせやま)の迎西」とてなん、ふりほどき出で給ひにけり。そののちは、ふつと見え給はで、やみ侍りけり。

ひとかたならねど6)、いづれもみな、「名をば埋づまじ」とのみこそ思ひあひ給ふめるに、わざと名を沈めて、いさぎよきまことの心を隠して、思はざる所にいたりて奴(つぶね)となり、得る所の着るものを、忍びやかにわび人に施され侍りけん、うらやましきにはあらずや。「捨てん」と思へど、生ける身はさすがなるに、やつれはてけん心こそ、思へばかしこく侍れ。

詠み給へる歌は、大納言の歌とて、『金葉和歌集』に載れるほどに侍れば、なかなかともかくも申すに及び侍らず。なほなほ、やさしく澄みわたりてぞ思え侍り。また、慈悲のそのこととなく深くいまそかりけむ、いみじく身に入りて貴くぞ侍る。

げにも、しづかに案ずれば、生きとし生けるもの、蟻(あり)・螻蛄(けら)のたぐひまで、思ひ放つべきものにはあらざりけり。われらも、多百千劫のあひだ、鳥獣と生まれて、秋の田のおどろかすなる山田守、玄賓僧都の引板(ひた)の声に驚くむら雀にても7)侍りけん。おのが羽風に鳴子(なるこ)鳴らして、心とさわぐ鳥、刈田の面に魚を拾ふ旅雁としては、越路の空にも帰りけん。魚となりて、いくたびか人の味をもましけん。駒に生まれては、重きを負ひて、九重の雲にいななき、牛となりては、浮世の車をかかりて、歎き居れる時も多かりけん。

さては、かれらも余所のものにあらず。みな等しく心を具し8)侍り。これまた、しかしながら、世々を経て、思ひをあらはし、心を尽し、秋風に名残を惜しみし人なり。さもあらず、恩潤深き主君、あるいは哀願はなはだしき父母にてもありけん。しかあれば、かれら、心にもてはなれんは、いみじく愚かのことにこそ侍らめ。

あらかじめ、人をそばむるわざなく、畜類をあはれと見そなはし給はば、釈迦大師の恩恩徳、やうやく報じ奉る心なるべし。生をへだつるとて、いかなることやらん。みな人の、この理(ことはり)知りながら、心には思はぬぞとよ。

こひ願はくは、三世の仏たち、この所うちつづき人をそばむる心を破りて、心に思へど知らぬぞかし。こひ願はくは、まことの浄慮を、あまねく施し給へな。

悲しきかな、たまたま人界に生れ侍る時、いかにも勤めはもの憂くて、はせ過ぎて、思ひと思ふことは、ことごとく流来生死の業をきざし、積み集めて、昔の五戒十善の種のゆくへなく、なし果てぬることを、悔ひてもかひなし。まことには、悔ひざめり。

衆罪は草露のごとくにして、慧日は、これを消やすこと早し。慧日といへる、すなはち、外に求むべからず。わが心これなり。慧日の心、品々なるにあらず。ただ道念の一門なり。されば、道心を発(おこ)さば、無始より積み集めおける罪の、さながらみな消えて、本有常住の月を胸の中に澄まさんこと、さらに遠きにあらず。本覚の月、澄むならば、立つ波・吹く風、みな妙なる御法にて侍るなるべし。

さて、迎西上人は、つひに長谷寺にて終りぬと承はり侍るは、迷ひ帰り給ひけるにこそ。なほなほ、心中やる方なく、貴く思えて、聞くにそのこととなく、涙のもれ出で侍りき。

今また、書き述ぶるも、涙の墨に落ちそひて、思ふばかりも書かれず侍れば、いとどつたなき筆の跡ふしをも、そばむるわざなくて、草がくれ、亡きあとまでも、そしりをばわれにな残しそと、思えて侍り。

翻刻

過し比侍従大納言成通卿東山に住給けるころ
いつくの者ともしらぬ法師の来て此殿に宮仕へ
侍らんと云けれは大納言聞給ていと思はすの事かな
法師は僧の下にこそ侍るへけれ何とて是には宮仕
し侍らんと云にやあらん但さてもあれかしとて其/k52r
殿に召仕れ侍りけり浅ましく心はへいみしくて万
に付て正直に侍りけれは其内の人聖庵とそ名付
にけるするわさもなかりけれと心さまのなつかしくて
殿にもいみしくいとおしきものにおほされ奉てきる物
なともさはやかに与へ給へは二三日は肩に懸たんめれと
後には無跡失けりかくする事度々に成侍れは
人あやしみて女なとをかたらひたるにやさも侍れ
けしからす又其心をもみえさめりなと煩しきまて
沙汰し合侍り大納言此事をもれ聞給て又きる物
なんとたまはすとていかにかくは無跡なしはつるそ此/k52l
度はあらかしめ不可失とよくよく仰含め給へりけれは
此僧も畏て取持けり其後人々目を付て見侍れは
此僧隙を伺て門より外さまへ走行を見かくれに
見侍りけれは法勝寺の辺に殊寒くかはゆけなる
乞食き物をぬきくれて我が身はたた合せなる物
はかりきて帰にけり此見あらはせる人目もめつらかに
心驚て急き大納言に此よしを聞てけり其後
よしある人々こそとて日比にも似ず殿も重く
おほし人ももてなし聞えけれはよにもほいなけに思
たりけるか二三日ありてかきけすやうにうせて/k53r
けり殿より始て皆人々忍び合給へりけれとつゐ
に見え給はてやみにけり此僧うせて後廿日はかり
へて大納言哥読の内に撰はれ給て冷泉中納言
俊忠と申人になん合られていかかして名哥読
て君の御感に預り侍らんとおほしてこの事のみ
を歎給けるに或日の暮にありし僧来て君の
煩給へる哥思寄てこそ侍れとて
  水のおもにふるしら雪のかたもなく
  きえやしなまし人のつらさに
  うらむなよかけみえかたの夕月夜/k53l
  おほろけならぬ雲ままつ身を
と読てにけさり給ひけるを袖を引留て誰人
にてかおはすらん此日此の情に慥にの給はせよと侍
りけれは泊瀬山の迎西とてなんふりほとき出給に
けり其後はふつと見え給はて止み侍りけり一方
ならぬと何もみな名をはうつましとのみこそ思ひ
あひ給ふめるにわさと名をしつめていさきよき実の
心を隠て思はさる所にいたりてつふねとなり得る
所のきる物を忍ひやかにわひ人にほとこされ侍りけん
うらやましきには非すやすてんとおもへと生る身は/k54r
さすかなるにやつれはてけん心こそ思へはかしこく侍れ
読給へる哥は大納言の哥とて金葉和歌集に
のれるほとに侍れは中々ともかくも申に及ひ
侍らすなをなをやさしくすみ渡りてそ思え侍
又慈悲の其事となく深くいまそかりけむいみし
く身に入て貴くそ侍るけにも閑に案れはいき
としいける物ありけらの類まて思放へき物には
あらさりけり我等も多百千劫の間鳥獣と生れて
秋の田のおとろかすなる山田守玄賓僧都のひた
の声に驚むらすすめまても侍りけんをのか羽風/k54l
になるこならして心とさはく鳥かり田の面に魚
をひろふ旅鳫としては越路の空にもかへりけん魚
と成ていくたひか人の味をもましけん駒に生て
はおもきをおひて九重の雲にいななき牛と成ては
浮世の車をかかりてなけきおれる時もおほかり
けんさてはかれらも余所のものに非すみなひとし
く心を奥し侍り是又併世々をへて思を顕し
心を尽し秋風に名残をおしみし人なりさも
あらす恩潤深き主君或は哀願はなはたしき父
母にても有けんしかあれはかれら心にもてはなれんは/k55r
いみしくをろかの事にこそ侍らめあらかしめ人をそ
はむるわさなく畜類を哀と見そなはし給はは
尺迦大師の恩恩徳やうやく報し奉る心なるへし
生をへたつるとていかなる事やらん皆人の此理知
なから心にはおもはぬそとよ乞願は三世の仏達此所
うちつつき人をそはむる心をやふりて心に思へとしらぬ
そかし乞願は実の浄慮を普くほとこし給へな
悲哉適人界に生れ侍る時いかにも勤は物憂てはせ
過て思とおもふ事は悉く流来生死の業をきさし
つみ集て昔の五戒十善の種のゆくゑなくなし/k55l
果ぬる事を悔ても甲斐なし実にはくひさめり衆
罪は草露のことくにして恵日は是をきやす事はや
し恵日といへる則外に不可求我心是也恵日の心品々
なるに非すたた道念の一門也されは道心を発さは
無始よりつみ集をける罪のさなから皆消て本有
常住の月を胸の中にすまさん事更に遠きに
あらす本覚の月すむならは立浪吹風みな妙なる
御法にて侍るなるへしさて迎西上人は終に長谷寺
にて終ぬと承侍るは迷ひかへり給けるにこそなをなを
心中やる方なく貴く覚て聞に其事となく/k56r
泪のもれ出侍りき今又書述も涙のすみに落副て
おもふはかりもかかれす侍れはいととつたなき筆の跡
ふしをもそはむるわさなくて草かくれ無跡まても
そしりをは我にな残しそと覚て侍り/k56l
1)
藤原成通
2)
諸本「聖房」
3)
底本「に」なし。諸本により補う。
4)
底本「人々」。諸本により訂正。
5)
藤原俊忠
6)
「ねど」は底本「ぬと」。諸本により訂正。
7)
底本「まても」。諸本により訂正。
8)
「具し」は底本「奥し」。諸本により訂正。
text/senjusho/m_senjusho02-08.txt · 最終更新: 2016/05/22 21:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa