Recent changes RSS feed

撰集抄

巻2第2話(10) 青蓮院真誉法眼

校訂本文

過ぎにしころ、筑前国へさそらへまかりて侍りしに、人の語り侍りしは、「中ごろ、この国の三笠の郡小野の里といふ所の山の中に、いづくの者ともなくて住みわたる僧あり。いたく思ひ下すべき品(しな)とは見えずながら、あさましくやつれ侍りて、髪・髭なんどもそ剃りあげずして、つたなきさましたるありけり。およそ、物なども多くは食はず。ただ、いつとなくうちしめり、時々念仏しなんどしても、涙を眼に浮べてのみ侍り。狩・漁(すなどり)し、網引きなんどするを見ては、けしからず泣きもだへて、『あひかまへて念仏し給へ』となん言ひて、山の中に入りて座せりしが、この所に一年(ひととせ)ばかり住みて、そののち、里へも出でざんめれば、『すでに身まかりけるにこそ』と。人々あはれにて、ある時、かの庵にたづねまかりたるに、その身は見え侍らで、かたはらなる板に、数々にものを書きたり。

見侍れば、

昔は天台山の禅徒として三千の貫首に至らんことを思ひ、今は小野の山中に住みて弥陀の来迎にあづからんことを願ふ。
  世の中はうきふししげきくれ竹のなど色かへてみどりなるらん
   久寿二年三月九日 青蓮院法眼真誉

と書かれ侍り。

また、同じ手して、はるかに山の奥なる木をけづりて書き付けける

  心からくらはし山の世をわたり問はんともせず法(のり)の道をば

と書かれて、見えず侍りきとて、今の世まで、恋ひ悲しみ1)あひ侍り。都までもさる人や聞き及び侍る。手跡のいみじくて、一文字・二文字づつ、みな分かち取り侍き」と語り伝へ侍りしに、そぞろに涙のせきかねて、袂をはやみに落ち侍りしは、「陸奥国(みちのくに)の衣河とはこれならん」と思えて侍りき。

この青蓮院真誉法眼と申すは、鳥羽院2)の第八の宮、伏見大夫俊綱3)の御娘、藤つぼの女御の御腹の御子にていまそかりき。女御、はかなくならせ給しかば、「かの御菩提のために」とて、七つの御歳、山へのぼせ参らせられけり。智行めでたくて、世の末にはありがたきほどに聞こえさせ給へりしが、法眼までならせ給ひて、十八と申しけるに、長月の中の十日ごろになん、いづちともなく失せさせ給へりき。

このよし、山より奏せしかば、法皇ことに歎きおぼしめされて、詔(みことのり)をあまねく国に下されて、「たづね奉るべし」と侍りしかども、かひなくて、鳥羽院もかくれさせ奉るに侍り。

あさましや、さは、これまで流浪していまそかりけることよ。御齢(よはひ)二十(はたち)に及び給はぬほどなれば、御心の中、よろづいぶせく思ひやられて侍り。かての乏(とも)しく、御身の苦しきことのみこそ、わたらせ給ひけめ。何とて、げに、筑紫までさそらへおはしましけるにや。御足もかけ疲れてぞ侍りけんと、かへすがへすあはれに侍り。

憂き世の中を、いつもみどりに色もかはらずなげき、心とくらはし山にたどり侍りて、法(のり)の道をばありとも知らぬわざの憂さを、書きとめさせ給ふ、げにやるかたなく、澄みておぼえ侍り。物なども、多くはきこし召さずして、悪を作る者をあはれみ、涙を流し、念仏を勧めさせ給へりけん、分くかたなく貴く侍り。

つらつら思へば、「またげにも、たまたま悪趣のちまたを離れて、かたじけなくも人界に生まれ、釈迦の遺教にあくまであへる時、心をはげまして、生死の海を浮び出づるはかりごとを廻らさん道には、かやうに心を持たでは、浮びがたくや侍らん」と、くり返し貴く侍り。「あはれ、三世の諸仏の、かの青蓮院の御心を、十が一の心ばせを付け給はせよかし」とまで思ひやられて、そぞろに涙のこぼれぬるぞとよ。

さても、なほ御命の消えやらで、天の下にながらへていまそかりもやすらん、今はまた、浄土にもや生れ給ひにけん。こひ願はくは、いまだ草の戸さしはて給はぬ御事ならば、必ずたづね会ひ奉らん。もし、むなしき御名のみを残す御ことにしあるものならば、一浄土の供(とも)と思して、あはれみをたれさせ給へとなり。若宮にて山にのぼられ給へりしには、御供つかまつりて侍りしぞかし。

翻刻

過にし比筑前国へさそらへ罷て侍りしに人の語
侍りしは中比此国のみかさの郡をのの里と云所の
山の中に何の物とも無てすみ渡る僧有いたく思/k36r
下へきしなとは見えすなから浅増くやつれ侍りて
かみひけなんともそりもあけすしてつたなきさまし
たるありけり凡物なともおほくはくはすたたいつと
なく打しめり時々念仏しなんとしても涙を
眼に浮てのみ侍り狩すなとりし網引なんとするを
見てはけしからすなきもたへて相構て念仏し
給へとなん云て山の中に入て座せりしか此所に一
とせはかり住て其後里へも出さんめれは已に身
まかりけるにこそと人々あはれにて或時彼い
ほりに尋まかりたるに其身は見え侍らてかたはら/k36l
なる板に数々に物を書たり見侍れは
  昔は天台山の禅徒として三千の貫首に
  至らん事を思ひ今は小野の山中に住て弥陀の
  来迎に預らん事を願ふ
  世の中はうきふししけきくれ竹の
  なといろかへてみとりなるらん
    久寿二年三月九日 青蓮院法眼真誉
とかかれ侍り又同手して遥に山の奥なる木
をけすりて書つけける
  心からくらはし山の世をわたり/k37r
  とはんともせすのりのみちをは
とかかれて見えす侍きとて今の世まて恋みあひ
侍り都まてもさる人やきき及侍る手跡のいみし
くて一文字二文字つつみなわかち取侍きと語
伝へ侍りしにそそろに泪のせきかねて袂をはやみに
落侍りしはみちの国の衣河とは是ならんと覚えて
侍りき此青蓮院真誉法眼と申は鳥羽院の第八
の宮伏見大夫俊綱の御娘藤つほの女御の御腹
の御子にていまそかりき女御はかなくならせ給しかは
彼御菩提の為にとて七の御歳山へのほせ参らせ/k37l
られけり智行目出て世の末には難有程に聞
させ給へりしか法眼まてならせ給て十八と申ける
に長月の中の十日比になんいつちともなく失させ
給へりき此由山より奏せしかは法皇殊歎思召れ
て御ことのりを普く国に下されて尋奉るへしと
侍りしかともかひなくて鳥羽院もかくれさせ奉るに
侍りあさましやさは是まて流浪していまそかり
ける事よ御齢はたちに及給はぬほとなれは御心の
中よろついふせく思ひやられて侍りかてのともし
く御身の苦きことのみこそ渡らせ給ひけめ何とて/k38r
けに筑紫まてさそらへおはしましけるにや御足も
かけつかれてそ侍りけんと返々哀に侍り憂世
の中をいつもみとりに色もかはらすなけき心とくら
はし山にたとり侍りてのりの道をはありとも知ぬ
わさのうさをかきとめさせ給ふけにやるかたなくす
みておほえ侍り物なとも多はきこしめさすして
悪をつくるものを哀み泪をなかし念仏をすすめさせ給
へりけんわくかたなく貴侍りつらつら思へは
又けにも適悪趣のちまたを離て忝も人界に
生れ釈迦の遺教にあくまてあへる時心をはけま/k38l
して生死海をうかひ出るはかり事を廻らさん道
にはか様に心をもたてはうかひかたくや侍らんとくり
返し貴く侍り哀三世の諸仏の彼青蓮院の
御心を十か一の心はせを付給はせよかしと迄思ひ
やられてそそろに涙のこほれぬるそとよさても
なを御命のきえやらて天の下になからへていまそ
かりもやすらん今は又浄土にもや生れ給にけん
乞願はいまた草の戸さしはて給はぬ御事ならは必
尋合奉らん若空き御名のみを残御事にし
ある物ならは一浄土のともとおほして哀みをたれ/k39r
させ給へと也若宮にて山にのほられ給へりしには
御とも仕て侍りしそかし/k39l
1)
底本「悲し」なし。諸本により補入。
2)
鳥羽天皇
3)
橘俊綱
text/senjusho/m_senjusho02-02.txt · 最終更新: 2016/05/17 18:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa