Recent changes RSS feed

撰集抄

巻1第3話(3) 無縁僧帷返

校訂本文

中ごろ、都のうちに、いづくの者とも知られで、さそふ僧侍り。頭(かしら)・面(おもて)よりはじめて、足・手、泥かたにて、気色あさましきが、肩またきものなんども着ず、筵(むし)・薦(こも)などうち着つつ、人の家に入りてものを乞ひ、世を渡り侍るになん。心ばへのいみじくよくて、また、心たしかに侍り。いささかの木1)の枝なども、主(ぬし)の許し侍らねば、取り用ゐるわざも侍らざりしかば、人、あはれみをたれて、命をささゆるほどのことは侍りけるとかや。

ある時、人の家に呼び入れて、「これ着よ」とて帷(かたびら)を得させ侍りければ、この僧のいふやう、「御志は、かへすがへすもありがたく侍り。かかるたよりなき者は、人の御憐みならでは、何とてか、何時も侍るべきなれば、便宜よく侍る時は、これをたまはる。ただし、われらは筵・薦を着慣れて、さやうの物を肩にかけ侍れば、これはいとあたらしく侍るべければ、返し奉り侍る。ただ、筵・薦などの捨て給ふべき時侍らん。それらをば得させ給ふべき」とて、返しければ、主(あるじ)、思はずに2)思えて、押して取らせ侍れども、「思ふやう侍り」とて、つゆ手にもかけねば、力なくてやみにけり。

ものなども、およそ多くは食はず。人の得させなんどするにも、「今日は食べぬれば、よしなし」とて取らずぞ侍りける。「のちのため」とて貯ふるわざもなし。念仏申し、要文など誦して、思ひ入りたるさまなれども、法文のかたには、もて離れたるさまをぞしける。

ある時、迎西といふ聖のもとに寄り来たりけるに、聖、対面して「心のはるけ侍る法文、一言葉のたまはせよ」とねんごろに聞こえ侍れば、そばなる垣に朝顔の咲けるに、露の置て侍りけるに、折節風の吹きて、露の落ち侍りけるを見て、うち涙ぐみて、

  見るやいかに朝にも咲る朝顔の花にさきだつ今朝の白露(しらつゆ)

「これこそ法文よ」とて、出で侍りぬ。その後は、いづちへか、さそらへ行きにけん、ふつと見え給はずとなん。

この聖のありさま、承はるこそ、ことに貴く思て侍れ。げに、あるにもあらぬ夢の世に、はかなくあだなる身に思ひをとどめて、山林にもこもりやらで、名利の心もはれざんめるに、ひたすら幻の世、仮の身をもて離れ、徳を隠して、乞食頭陀のありさまを示されけん心の中、まことに潔くぞ思え侍るぞ。昔のかしこき跡を見るにも、「一挙万里によぢて、徳を隠す」といへり。されば、いかなる智恵の心をおこせるにておはしけるやらん。かへすがへすも、ゆかしく侍り。

歌さへありがたく侍るぞや。朝顔の花をこそは、はかなきためしには申すめるに、花に先き立る白露、落ちてはさらに跡もなく、吹き過ぎぬる風、またとどまる所も見えず。花、また日影にしたがひてしぼみ、日、虚山に傾きぬ。あだなる世の中に、白駒も過ぎやすく、金烏もとどまりがたし。されば、なに3)とて、しばしがほども、いたづらとして過ごせるぞや。

額にはすずろに老ひの波を重ね、眉には霜の積れるをもわきまへずして、はかなき嬰児の父母に貪ずるごとくにして、空しくはせ過ぎ、来世の苦しみを思へば、仏語にはあらずや。知り顔にして知らざるは、生死の無常に侍るぞかしな。「あはれ、この乞食の人の心のごとくなる思ひが、須臾ばかりつけかし」と思えて侍る。

このこと、江帥4)の『往生伝』にしるし載せ給へり。見捨がたさに、たくみの言葉をいやしげに引なし侍るなり。見及ばざるにはあらず。かの記には、「平の京、東山のほとりにて、往生の素懐をとげぬ」と侍るを見るに、すずろに涙落ちて侍りき。

あはれ、かなしきわれらかな。十二因縁輪廻の輪、巡りて終なく、二十五有流転の緤、繰りて尽きず。前際、さだめて輪廻の郷より来り。後際、必ず妄想の宅に帰りて、互ひに愛網5)を出でず。有情のために、あるいは父母となり、あるいは師弟となり、主従としてこれも着し、かれも貪じて、後れ先だつ時は、往因の酬ふところをも知り侍らで、ただ一世の悲しみと思ふ。紅涙、そのこととなく袂を染めて、わが後の世のありさまをも知らず。

まことに愚かなるに侍らずや。往時を春の夢かと思へば、別れ6)のつらき7)は、夢にもあらず。旧遊を谷の響きかと疑へば、古(いにしへ)の音は再び聞こえず。仲尼8)、鯉に哭し、顔回、路を失ふ。上人もこの悲しみをまぬがれず。上代、その難を離れ侍らず。わが朝、実徳右将軍は少(をさ)なくして厳親に先立ち、京極大相国9)、老ひて長嫡に哭しましましけん。時にとり、御身に当りて、「千万の恨み、唯一身にあり」とこそ、思しめし侍りけめ。

知るべし。無常はただ生死の家、あやまちあるは、これ分段の郷なり。しづかにこの理(ことはり)を思ひ解きて、額の波の寄りはてず、眉の霜の消えさる先に、後の世の勤めを励まし給へとなり。

翻刻

中比都のうちにいつくの物ともしられてさそふ僧侍り
かしら面より始て足手とろかたにて気色浅増きか
肩またき物なんともきす筵薦なとうちきつつ人の
家に入て物を乞世を渡り侍るになん心はへのい/k10l
みしくよくて又心たしかに侍り聊の本の枝なとも
ぬしの許侍らねは取用わさも侍らさりしかは人あはれ
みを垂て命をささゆるほとの事は侍りけるとかや或時
人の家によひ入て是きよとて帷を得させ侍りけれは
此僧の云様御志は返々も難有侍りかかるたより無もの
は人の御憐みならては何とてか何時も侍るへき
なれは便宜よく侍る時は是を給る但我等は筵こもを
きなれてさやうの物を肩にかけ侍れは是はいとあたら
しく侍るへけれは返奉り侍る唯筵こもなとのすて給へき
時侍らんそれらをは得させ給へきとてかへしけれはあるし/k11r
おもかすにおほえておしてとらせ侍れとも思様侍りとて
露手にもかけねは無力てやみにけり物なとも凡多は
くはす人のゑさせなんとするにも今日はたへぬれは無由
とてとらすそ侍りける後のためとてたくわうるわさも
なし念仏申要文なと誦して思ひ入たるさまなれとも
法文のかたにはもて離たるさまをそしける或時迎
西と云聖の許により来けるに聖対面して心のはるけ
侍法文一こと葉の給はせよとねんころに聞え侍れは
そはなるかきにあさかをの咲るに露の置て侍りける
に折ふし風の吹て露の落侍りけるをみてうち/k11l
泪くみて
  みるやいかにあさにも咲る槿の花に咲立けさのしら露
是こそ法文よとて出侍りぬ其後はいつちへかさそらへ
行にけんふつとみえ給はすとなん此聖の有様承る
こそ殊に貴く覚て侍れけにあるにもあらぬ夢の
世にはかなくあたなる身に思を留て山林にも
籠やらて名利の心もはれさんめるにひたすらまほ
ろしの世かりの身をもて離徳をかくして乞食頭陀
の有様を示されけん心中実潔くそ覚侍そ昔の賢
跡をみるにも一挙万里によちて徳をかくすと/k12r
云りされは何なる智恵の心を発せるにておはしける
やらん返々もゆかしく侍り哥さへ難有侍るそや槿
花をこそははかなきためしには申めるに花に先
立白露落ては更に迹もなく吹過ぬる風又ととまる
所もみえす花又ひかけに随てしほみ日虚山に傾き
ぬあたなる世中に白駒もすきやすく金烏も難
留されは侍とてしはしか程もいたつらとして過せるそや
額にはすすろに老の波を重ね眉には霜のつもれ
るをも弁へすしてはかなき嬰児の父母に貪す
ることくにして空しくはせ過来世のくるしみをおもへは/k12l
仏語にはあらすや知かほにして不知は生死の無常に
侍るそかしな哀此乞食の人の心のことくなる思か須臾
はかり付かしと覚えて侍る此事江帥の往生伝に
注載給へりみ捨かたさにたくみの詞をいやしけに
引なし侍る也見およはさるには非す彼記には平の
京東山のほとりにて往生の素懐を遂ぬと侍るを
みるにすすろに泪落て侍りき哀悲き我等かな
十二因縁輪廻の輪巡て無終二十五有流転の
緤繅て不尽前際定て輪廻の郷より来り後
際必妄想の宅に帰て互に愛細を不出有情/k13r
為に或は父母となり或は師弟となり主従として是も
着し彼も貪て後先たつ時は往因の酬所をも
しり侍らて唯一世の悲と思ふ紅涙その事となく
袂を染て我後の世の有様をも不知実におろかなる
に侍らすや往時を春の夢かと思へは籠のつつき
は夢にもあらす旧遊を谷の響かと疑は古の音は
再不聞仲尼哭鯉顔回失路上人も此悲をまぬかれ
す上代其難を離れ侍らす我朝実徳右将軍は少
して厳親に先たち京極大相国老て長嫡に哭
ましましけん時に取御身に当て千万の恨唯一身に/k13l
有とこそ思食侍りけめ可知無常は唯生死の家軼有
此分段之郷也閑に此理を思ひ解て額の波の寄
はてすまゆの霜の消さる先に後の世の勤をはけまし
給へとなり/k14r
1)
底本「本」。諸本により訂正。
2)
底本「おもかす」。諸本により訂正。
3)
底本「侍」。諸本により訂正。
4)
大江匡房
5)
愛網は底本「愛細」。諸本により訂正
6)
「別」は底本「籠」。諸本により訂正。
7)
底本「つゝき」。諸本により訂正。
8)
孔子
9)
藤原宗輔
text/senjusho/m_senjusho01-03.txt · 最終更新: 2016/05/03 21:24 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa