Recent changes RSS feed

撰集抄 巻1

巻1目録・序

校訂本文

巻1目録

増賀聖人

祇薗示現(御歌)

無縁僧帷返

七条皇后(長歌)

宇津山僧

越後上村見

新院御墓

行賀切耳

  撰集抄第一

生死の長き眠り、いまだ醒めやらで、夢にのみほだされつつ、水の面の月をまことと思ひ、鏡の内の影を「げに」と深く思ひ入りて、明け暮れはただ妄の心のみうちつづきて、生死の船をよそへずして、屠所の羊の歩みは、わが身の外にもて離れ、鳥部・舟岡の煙をよそに見て、過ぎにし方、四十余年の霜をいただき、行く末知らず、今日にしもやあるらむ。

しかれば、同じ夢のうちの遊びにも、新旧の賢こき跡を撰び求めける言の葉を書き集め、『撰集抄』と名づけて、座の右に置きて、一筋に知識にたのみ申さむとなり。

巻は九品の浄土に思ひあて、十に一をもらし、ことは八十随好に思ひよそへて、百に二十を残せり。

そもそも、凡夫の習ひ、明眼しひて真月を見ず。心乱れて、断妄の利剣おこらざる物なり。されば、ひとへに冥助を仰ぎ奉らんがために、巻ごとに神明の御事をしるし載せ奉るに侍り。

翻刻

僧賀聖人            祇薗示現(御歌)
無縁僧帷返          七条皇后(長哥)
宇津山僧            越後上村見
新院御墓            行賀切耳/k4r
    撰集抄第一
生死の長き眠いまた醒やらて夢にのみほたされ
つつ水の面の月を実とおもひ鏡の内の影をけ
にとふかく思入て明暮はたた妄の心のみ打つつきて
生死の船をよそへすして屠所のひつしの歩は我身の
外にもてはなれ鳥部舟岡の烟をよ所にみて過にし
方四十余年の霜をいたたき行末不知今日にしもや
有らむしかれは同夢のうちの遊にも新旧の賢跡を
撰求けることの葉を書集め撰集抄と名て座の
右に置て一筋に知識に憑み申むと也巻は九品の/k4l
浄土に思宛十に一をもらし事は八十随好に思よそへ
て百に廿を残せり抑凡夫のならひ明眼しゐて真月
をみす心乱れて断妄の利釼おこらさる物なりされは
偏に冥助をあをき奉らんか為に巻毎に
神明の御事を注載奉るに侍り/k5r
text/senjusho/m_senjusho01-00.txt · 最終更新: 2016/05/03 22:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa