Recent changes RSS feed

無名抄

第71話 近代歌体

校訂本文

近代歌体

ある人、問ひていはく、「このごろ人の歌ざま、二面に分かれたり。中ごろの体を執する人は、今の世の歌をばすずろごとのやうに思ひて、やや達磨宗などいふ異名を付けて、そしり嘲(あざけ)る。また、このごろやうを好む人は、中ごろの体をば、『俗に近し、見所なし』と嫌ふ。やや宗論の類(たぐひ)にて、事切るべくもあらず。末学のため、是非に惑ひぬべし。いかが心得べき」といふ。

ある人、答へていはく、「これは、この世の歌仙の大きなる争ひなれば、たやすくいかが定めん。ただし、人の習ひ、月星の行度をもさとり、鬼神の心をも推し量るものなれば、おぼつかなくとも、心の及ぶほど申し侍らむ。また、思はれんに従ひてことはらるべし。大方、この事を、人の水火のごとく思へるが、心も得ず思え侍るなり。すべて歌のさま、世々に異なり、昔は文字の数も定まらず、思ふさまに口に任せて言ひけり。かの出雲八重垣(いづもやへがき)の歌よりこそは、五句三十文字(みそもじ)に定まりにけれど、万葉のころなどまでは、なほ懇(ねんご)ろなる心ざしを述ぶばかりにて、あながちに姿・詞を選ばざりけるにやとみえたり。中ごろ、古今の時、花実ともに備はりて、そのさままちまちに分かれたり。後撰には、よろしき歌、古今に取り尽されて後いくほども経ざりければ、歌得がたくして、姿をば選ばず。ただ、心を先とせり。拾遺のころより、その体、ことの外に物近くなりて、理(ことわり)くまなく現はれ、姿、素直(すなほ)なるをよろしとす。その後、後拾遺の時、今少しやはらぎて1)、昔の風を忘れたり。『やや、その時の古き人などは、これをうけざりけるにや。『後拾遺姿』と名付けて、口惜しきことにしける』とぞ、ある先達語り侍りし。金葉は、また、わざともをかしからんとして、軽々なる歌多かり。詞花・千載、大略、後拾遺の風なるべし。歌の昔より伝はり来たれるやう、かくのごとし。かかれば、拾遺より後、その様一つにして、久しくなりにける故に、風情やうやう尽き、詞(ことば)世々に古(ふ)りて、この道時に従ひて衰へゆく。昔は、ただ花を雲にまがへ、月を氷に似せ、紅葉を錦に思ひ寄する類(たぐひ)ををかしきことにせしかど、今はその心言ひ尽して、雲の中に様々の雲を求め、氷にとりてめづらしき意こ2)を添へ、錦に異る節を尋ね、かやうに安からずたしなみて思ひ得れば、めづらしき節は難(かた)くなりゆく。まれまれ得たれども、昔をへつらへる意こ3)どもなれば、いやしく、くだけたる様なり。いはんや、詞(ことば)に至りては、いひ尽してければ、めづらしき詞もなく、目止る節もなし。異なる秀逸ならねば、五七五を詠むに、七七は空に推し量らるるやうなり。ここに今の人、歌の様の世々に詠み古されにけることを知りて、さらに古風に返りて、幽玄の体、なほ学ぶことの出で来たるなり。これによりて、中古の流れを習ふ輩(ともがら)、目を驚かして、謗(そし)り嘲(あざけ)る。しかあれど、まことには、心ざしは一つなれば、上手と秀歌とは、いづ方にも背かず。いはゆる清輔・頼政・俊恵・登蓮などか詠み口をば、今の世の人も捨て難くす。今様姿の歌の中にも、よく詠みつるをば、謗家ども謗ることなし。えせ歌どもに至りては、またいづれもよろしからず。中ごろのさしもなき歌を、この世の歌に並べてみれば、化粧(けさう)したる人の中に、尼顔(あまがほ)にて交はるに異ならず。今の世の、いとも詠みおほせぬ歌は、あるいは全て心得られず。あるいは悪気はなはだし。されば、一方に偏執すまじきことにこそ」。

問ひていはく、「今の世の体をば、新しく出で来たるやうに思へるは、僻事(ひがごと)にて侍るか」。

答へていはく、「この難はいはれぬことなり。たとひ新しく出で来たりとても、必ずしもわろかるべからず。唐土(もろこし)には限りある4)文体だにも、世々に改まるなり。この国の小国にて、人の心ばせの愚かなるにより、もろもろのことを昔に違へじとするにてこそ侍れ。まして、歌は心ざしを述べ、耳を悦ばしめむためなれば、時の人のもてあそび、好まんに過ぎたる事やは侍るべき。いかにいはんや、さらにさらに今たくみ出でたることにあらず。万葉まではこと遠し。古今の歌どもをよくも見分かぬ人の、この難をばし侍るなり。かの集の中に、様々の体あり。しかあれば、中古の姿も古今より出でたり。この幽玄の様もこの集より出でたり。たとひ、今の姿を詠み尽して、また改まる世ありとも、ざれごと歌などまでも漏らさず選び載せたれば、なほかの集をば出づべからず。これを一向に耳遠く思ひて謗り卑しむは、ひとへに中古の歌の様に対せられたるなり」。

問ひていはく、「この二つの体、いづれか詠みやすく、また秀歌をも得つべき」。

答へていはく、「中ごろの体は、学びやすくして、しかも秀歌は難かるべし。詞(ことば)古りて、しかも風情ばかりを詮とすべき故なり。今の体は、習ひ難くて、よく心得つれは詠みやすし。その様めづらしきにより、姿と心とに渡りて興あるべき故なり」。

問ひていはく、「聞くがごとくならば、いづれも良きは良し、悪(わろ)きは悪(わろ)かなり。学者はまた、我も我もと争ふ。いかがして、その勝劣をば定むべき」。

答へていはく、「必ず勝劣を定むべきことかは。ただ、いづ方にもよく詠めるをよしと知りてこそは侍らめ。ただし、寂蓮入道申すこと侍りき。『この争ひ、やすくこと切るべきやうあり。その故は、手を習ふも、『劣りの人の文字はまねびやすく、我より上りざまの人の手跡は習ひ似すること難し』といへり。しかあれば、『我らが詠むやうに詠め』と言はんには、季経卿・顕昭法師などいへる5)、案ずとも、えこそ詠まざらめ。我はかの人々の詠むやうには、ただ筆さし濡らして、いとよく書きてん。さてこそことは切らめ」とぞ申されし。人のことは知らず。身にとりては、中ごろの人々、あまたさし集まりて侍りし会に連なりて、人の歌どもを聞きしには、わが思ひ至らぬ風情はいと少なかりき。『わが続けたりつるよりは、これはよかりけり』など思ゆることこそありしかど、いささかも心のめぐらぬことは有り難くなん侍りし。しかあるを、御所の御会につかうまつりしには、ふつと思ひも寄らぬことをのみ、人ごとに詠まれしかば、『この道ははやく底もなく、際(きは)もなきことになりにけり』と、怖しくこそ思え侍りしか。されば、いかにもこの体を心得る事は、骨法ある人の境(さかひ)に入り、峠を越えて後、あるべきことなり。それすらなほ、し外(はづ)せば、聞きにくきこと多かり。いはんや、風情足らぬ人の、未(いま)だ峰まで登りつかずして、推し量りにまねびたる、さるかたはらいたきことなし。化粧(けさう)をばすべきことと知りて、あやしの賤(しづ)の女(め)などが、心にまかせて物ども塗り付けたらんやうにぞ思え侍りし。かやうの類(たぐひ)は、我とはえ作り立てず。人の詠み捨てたる詞を拾ひて、その様をまねぶばかりなり。いはゆる『露さびて』『風吹けて』『心の奥』『あはれの底』『月の有明』『風の夕暮』『春のふるさと』など、始めめづらしく詠める時こそあれ、再びともなれば、念もなきことぐせどもをぞ僅(わづ)かにまねぶめる。或(ある)はまた、おぼつかなく心こもりて詠まんとするほどに、果てにはみづからもえ心えず、違はぬ。また、無心所着になりぬ。かやう列(つら)の歌、幽玄の境にはあらず。げに、達磨(だるま)ともこれらをぞいふべき」。

問ひていはく、「ことの趣(おもむき)はおろおろ心得侍りにたり。その幽玄とかいふらむ体に至りてこそ、いかなるべしとも心得難く侍れ。そのやうを承はらん」と言ふ。

答へていはく、「すべて歌6)、口伝・髄脳などにも、難き事どもをば手を取りて教ふばかりに尺したれど、姿に至りて、確かに見えたる事なし。いはんや幽玄の体、まづ名を聞くより惑ひぬべし。みづからも、いと心得ぬことなれば、定かに『いかに申すべし』とも思え侍らねど、よく境に入れる人々の申されし趣は、詮はただ、詞(ことば)に現はれぬ余情、姿に見えぬ景気なるべし。心にもことはり深く、詞にも艶極まりぬれば、これらの徳はおのづから備はるにこそ。たとへば、秋の夕暮の空の気色は、色も無く声も無し。いづくにいかなる故あるべしとも思えねど、すずろに涙こぼるるがごとし。これを心なき列(つら)の者は、さらにいみじと思はず。ただ目に見ゆる花・紅葉をぞ、めで侍る。また、よき女の、恨めしき7)ことあれど、言葉に現はさず、深く忍びたる気色を、さよとほのぼの見付けたるは、言葉を尽して恨み8)、袖を絞りて見せんよりも、心ぐるしうあはれ深かかるべきがごとし。これまた、幼き者などは、細々(こまごま)と言はすより外に、いかでか気色を見て知らん。すなはち、この二つの譬へにて、風情少なく、心浅からん人の、悟り難きことをば知りぬべし。また、幼き子のらうたきが、片言(かたこと)して、そことも聞こえぬ事言ひゐたるは、はかなきにつけても、いとほしく聞きどころあるに似たることも侍るにや。これらをば、いかでかたやすくまねびもし、定かに言ひもあらはさむ。ただ、みづから心得べきことなり。また、霧の絶え間より、秋の山を眺むれば、見ゆる所はほのかなれど、奥ゆかしく、『いかばかり紅葉わたりて面白からむ』と限りなく推し量らるる面影は、ほとほと定かに見んにも優れたるべし。すべては心ざし詞(ことば)に現はれ、月を『隈(くま)なし』といひ、花を『妙(たへ)なり』と讃めむ事は、何かは難からん。いづくかは、歌のただ物いふに勝る徳とせん。一詞(ひとことば)に多くのことはりを込め、現はさずして、深き心ざしを尽し、見ぬ世の事を面影に浮べ、賤しきを借りて優を現はし、愚かなるやうにて、妙なる詞を極むればこそ、心も及ばず、詞も足らぬ時、これにて思ひを述べ、わづかに三十一字がうちに、天地(あめつち)を動かす徳を具し、鬼神をなごむる術にては侍れ」。

翻刻

近代哥体
或人問云この比人の哥さま二面にわかれたり中比の
体を執する人は今の世の哥をはすすろことのや
うにおもひてややたるま宗なといふ異名をつけ
てそしりあさける又この比やうをこのむ人は中比
の体をは俗にちかしみ所なしときらふやや宗論/e60l
のたくひにて事きるへくもあらす末学のため
是非にまとひぬへしいかか心うへきといふ
或人答云これはこの世の哥仙のおほきなるあらそ
ひなれはたやすくいかかさためんたたし人のならひ
月ほしの行度をもさとりをに神の心をもをし
はかる物なれはおほつかなくとも心のおよふほと申
侍らむ又おもはれんにしたかひてことはらるへし
おほかたこの事を人の水火のことくおもへるか心も
ゑすおほえ侍也すへて哥のさま世々にことなり
むかしは文字のかすもさたまらすおもふさま/e61r
に口にまかせていひけりかのいつもやへかきの
うたよりこそは五句みそもしにさたまりにけれ
と万葉の比なとまてはなをねんころなる心さしを
のふはかりにてあなかちにすかたことはをゑらはさり
けるにやとみえたり中比古今の時花実とも
にそなはりてそのさままちまちにわかれたり後撰
にはよろしき哥古今にとりつくされてのちいく
ほともへさりけれは哥ゑかたくしてすかたをはゑら
はすたた心をさきとせり拾遺の比よりその体こ
とのほかに物ちかくなりてことはりくまなくあ/e61l
らはれすかたすなをなるをよろしとすそのの
ち後拾遺のとき今すこしやらはきてむかしの
風をわすれたりややそのときのふるき人なと
はこれをうけさりけるにや後拾遺すかたとな
つけてくちをしきことにしけるとそある先
達かたり侍し金葉は又わさともをかしからん
として軽々なる哥おほかり詞花千載大略
後拾遺の風なるへし哥のむかしよりつたはり
きたれるやうかくのことしかかれは拾遺よりのち
そのさまひとつにしてひさしくなりにけるゆへに/e62r
風情やうやうつきことは世々にふりてこのみち時に
したかひておとろへゆくむかしはたた花を雲に
まかへ月をこほりににせもみちをにしきにおもひ
よするたくひをおかしきことにせしかと今はその
心いひつくして雲のなかにさまさまの雲をもとめ
こほりにとりてめつらしき意(イ)こをそへにしきにこ
となるふしをたつねかやうにやすからすたしなみて
おもひうれはめつらしきふしはかたくなりゆく
まれまれゑたれともむかしをへつらへる意(イ)こともな
れはいやしくくたけたるさまなりいはんやこと/e62l
はにいたりてはいひつくしてけれはめつらしき
ことはもなくめとまるふしもなしことなる秀
逸ならねは五七五をよむに七七はそらにをし
はからるるやうなりここに今の人哥のさまの
世々によみふるされにけることをしりてさらに
古風にかへりて幽玄の体なをまなふことの
いてきたるなりこれによりて中古のなかれを
ならふともからめををとろかしてそしりあさける
しかあれとまことには心さしはひとつなれは上手
と秀哥とはいつかたにもそむかすいはゆる清輔/e63r
頼政俊恵登蓮なとかよみくちをは今の世の人も
すてかたくすいまやうすかたのうたのなかにも
よくよみつるをは謗家ともそしることなし
ゑせ哥ともにいたりては又いつれもよろしからす
なかころのさしもなき哥をこの世の哥にならへて
みれはけさうしたる人のなかにあまかほにてまし
はるにことならす今の世のいともよみおほせぬ哥
は或はすへて心えられす或は悪気はなはたし
されは一方に偏執すましきことにこそ
問云今の世の体をはあたらしくいてきたるやうに/e63l
おもへるはひかことにて侍か
答云この難はいはれぬこと也たといあたらしく
いてきたりとてもかならすしもわろかるへからすもろ
こしにはかりある文体たにも世々にあらたま
る也このくにの小国にて人の心はせのをろか
なるによりもろもろのことを昔にたかへしと
するにてこそ侍れまして哥は心さしをのへ
みみをよろこはしめむためなれはときの人の
もてあそひこのまんにすきたる事やは侍へき
いかにいはんやさらにさらに今たくみいてたることにあらす/e64r
万葉まてはこととをし古今の哥ともをよ
くもみわかぬ人のこの難をはしはへる也かの集
のなかにさまさまの体ありしかあれは中古のすか
たも古今よりいてたりこの幽玄のさまもこの
集よりいてたりたとい今のすかたをよみつくし
て又あらたまる世ありともされことうたなとま
てももらさすゑらひのせたれはなをかの集をは
いつへからすこれを一向に耳とをくおもひてそし
りいやしむはひとへに中古の哥のさまに
対せられたる也/e64l
問云このふたつの体いつれかよみやすく又秀哥を
もゑつへき
答云なかころの体はまなひやすくしてしかも
秀哥はかたかるへしことはふりてしかも風情
はかりを詮とすへきゆへなり今の体はならひかた
くてよく心えつれはよみやすしそのさまめつらし
きによりすかたと心とにわたりて興あるへきゆへ也
問云きくかことくならはいつれもよきはよしわろきは
わろかなり学者は又われもわれもとあらそふいかかして
その勝劣をはさたむへき/e65r
答云かならす勝劣をさたむへきことかはたたいつ方
にもよくよめるをよしとしりてこそは侍らめたたし
寂蓮入道申こと侍きこのあらそひやすくことき
るへきやうありそのゆへは手をならふもおとりの
人の文字はまねひやすくわれよりあかりさまの
人の手跡はならひにすることかたしといへりしかあれ
はわれらかよむやうによめといはんには季経卿顕昭法師
なといへる□あんすともゑこそよまさらめわれはかの人々
のよむやうにはたたふてさしぬらしていとよくかきてん
さてこそことはきらめとそ申されし人のことは/e65l
しらす身にとりてはなかころの人々あまたさし
あつまりて侍し会につらなりて人の哥ともを
ききしにはわかおもひいたらぬ風情はいとすくなか
りきわかつつけたりつるよりはこれはよかりけり
なとおほゆることこそありしかといささかも心のめく
らぬことはありかたくなん侍ししかあるを御所の
御会につかうまつりしにはふつと思ひもよらぬこと
をのみ人ことによまれしかはこのみちははやくそこ
もなくきはもなきことになりにけりとをそろし
くこそおほえ侍しかされはいかにもこの体を心/e66r
うる事は骨法ある人のさかひに入りたうけを
こえてのちあるへきことなりそれすらなをしはつ
せはききにくきことおほかりいはんや風情たらぬ人
のいまたみねまてのほりつかすしてをしはかり
にまねひたるさるかたはらいたきことなしけさう
をはすへきこととしりてあやしのしつのめなとか心に
まかせて物ともぬりつけたらんやうにそおほえ
侍しかやうのたくひはわれとはゑつくりたてす
人のよみすてたることはをひろひてそのさまを
まねふはかり也いはゆる露さひて風ふけて/e66l
心のをくあはれのそこ月のありあけ風のゆふくれ
春のふるさとなとはしめめつらしくよめる時こそ
あれふたたひともなれは念もなきことくせともを
そわつかにまねふめるあるは又おほつかなく心こもり
てよまんとするほとにはてにはみつからもゑ心え
すたかはぬ又無心所着になりぬかやうつらの哥
幽玄のさかひにはあらすけにたるまともこれら
をそいふへき
問云ことのおもむきはおろおろ心え侍りにたりその
幽玄とかいふらむ体にいたりてこそいかなるへし/e67r
とも心えかたく侍れそのやうをうけ給はらんといふ
答云すへて哥口伝髄脳なとにもかたき事ともをは
手をとりてをしふはかりに尺したれとすかたに
いたりてたしかにみえたる事なしいはんや幽玄の
体まつ名をきくよりまとひぬへしみつからもいと心え
ぬことなれはさたかにいかに申へしともおほえ侍らねと
よくさかひにいれる人々の申されしをもむきは
詮はたたことはにあらはれぬ余情すかたにみえぬ
景気なるへし心にもことはりふかく詞にも
艶きはまりぬれはこれらの徳はをのつからそな/e67l
はるにこそたとへはあきのゆふくれのそら
のけしきは色もなく声もなしいつくに
いかなるゆへあるへしともおほえねとすすろになみ
たこほるるかことしこれを心なきつらの物はさら
にいみしとおもはすたためにみゆる花紅葉を
そめて侍又よき女の浦めしきことあれとこと
葉にあらはさすふかくしのひたるけしきを
さよとほのほのみつけたるはことはをつくして
浦み袖をしほりて見せんよりも心くるし
うあはれふかかるへきかことしこれ又おさなき/e68r
物なとはこまこまといはすよりほかにいかてかけし
きを見てしらんすなはちこのふたつのたとへ
にて風情すくなく心あさからん人のさとりかた
きことをはしりぬへし又おさなき子のらうた
きかかたことしてそこともきこえぬ事いひゐたる
ははかなきにつけてもいとをしくききところあるに
にたることも侍にやこれらをはいかてかたやすくま
ねひもしさたかにいひもあらはさむたたみつから
心うへきこと也又きりのたへまより秋の山を
なかむれはみゆる所はほのかなれとおくゆかしく/e68l
いかはかりもみちわたりておもしろからむとかき
りなくをしはからるるおもかけはほとほとさたかに
みんにもすくれたるへしすへては心さしことは
にあらはれ月をくまなしといひ花をたへなりと
ほめむ事はなにかはかたからんいつくかは哥のたた
物いふにまさる徳とせんひとことはにおほくのこ
とはりをこめあらはさすしてふかき心さしを
つくし見ぬ世の事をおもかけにうかへいやし
きをかりて優をあらはしをろかなるやうにて
たえなることはをきはむれはこそ心もおよはす詞/e69r
もたらぬ時これにておもひをのへわつかに三十一字
かうちにあつちをうこかす徳をくしをに神を
なこむる術にては侍れ/e69l
1)
底本「やらはきて」。諸本により訂正
2)
意に「イ」と傍書。意味不明だが、諸本に異同が多いため、そのままにした。諸本、「心ばかり(静嘉堂文庫本)」「心(内閣文庫本)」「意々(東京大学付属図書館本)」「糸(書陵部本)」「ふし(蓬左文庫本)」など。異同は日本古典文学大系の校異による。
3)
「意」に「イ」と傍書がある。諸本、「心(静嘉堂文庫本)」「心こ(内閣文庫本)」など。異同は日本古典文学大系の校異による。
4)
底本「かりある」。諸本により訂正
5)
「いへる」は諸本「いくか(幾日)」。底本は「る」と「案」の間に一字分程度の空白がある。
6)
底本、脱文あるか。諸本、「歌」の次に「姿は得にくきことにこそ。古き」と続く。
7) , 8)
「恨」底本「浦」
text/mumyosho/u_mumyosho071.txt · 最終更新: 2014/10/18 03:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa