Recent changes RSS feed

無名抄

第52話 思余比自然に歌詠まるる事

校訂本文

思余比自然に歌よまるる事

また、心にいたく思ふことになりぬれば、おのづから歌は詠まるるなり。金葉集に「よみ人知らず」と侍るかとよ。

  身の憂さを思ひしとけば冬の夜もとどこほらぬは涙なりけり

この歌は、仁和寺の淡路の阿闍梨(あざり)といひける人の妹のもとなりけるなま女房の、いたく世をわびて詠みたりける歌なり。もとより歌詠みならねば、また詠める歌もなし。ただ思ふあまりに、おのづからいはれたりけるにこそ。

翻刻

思余比自然ニ哥ヨマルル事/e45r
又心にいたくおもふことになりぬれはおのつから哥は
よまるる也金葉集によみ人しらすと侍かとよ
  身のうさをおもひしとけは冬の夜も
  ととこほらぬはなみたなりけり
この哥は仁和寺のあはちのあさりといひける人のいも
うとのもとなりけるなま女坊のいたく世をわひて
よみたりける哥也もとより哥よみならねは又よめる
哥もなしたたおもふあまりにおのつからいはれたり
けるにこそ/e45l
text/mumyosho/u_mumyosho052.txt · 最終更新: 2014/10/01 15:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa